« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

お手製ヒーリングアート

Healingart レバナ先生のところで共に学んだ友人が私のために作ってくれたオリジナルの布絵(ヒーリングアート)です。
彼女も私と同じくヒーラー。他人のエネルギーを触って現るイメージを、布絵という形で表現しています。私の時は、’海’が見えた、ということで、ブルーのリボンを小さく切って、それをひとつひとつ縫い合わせて、波を表現して、この作品を作ってくれました。写真だとわかりずらいのですが、バックには薄いゴールドの布が使われています。

もう2年も前になるでしょうか?彼女の作品の展示会がありました。
ビーズをたくさん縫い付けたものあり、刺繍あり、フェルトを細かく花の形にしてそれを縫い付けたものあり、と、それは素晴らしいものでした。彼女の深い創造性を感じましたよ。

彼女に布絵を作ってもらいたいなあ、という方、私までお知らせください。ご紹介します。(彼女、こんなすごいもの作るくせにHPは作っていないのです。)多分、一度はヒーリングを直接受けてから、となると思いますが、布絵作成の交渉可能ですよ。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ヒーリング・アート

今日は、アンディ・レイキの絵の展示会に行ってきました。

アンディ・レイキの絵は不思議なパワーを持っていると、世界中の著名人が所有し、ヒーリング効果が高いと多くの病院や学校が飾っているそうです。

私も展示会場にいること1時間、とってもゆったりと平和な気を感じながら癒されてきました。また、ちょうど、私のヒーリングルームに飾る絵を探していたところ、’大天使ラファエル’の絵があったので、購入してきました。
ラファエルはヒーリングの大天使と言われています。最近、エンジェルカードでもラファエルのカードをよくひき、瞑想中にもラファエルの名前を思い出していたのでした。
私が購入した絵のバックのカラーは、透明感のあるグリーンとパープルで、ちょうど私のフローライトと同じ色でもありました。まるでラファエルに導かれていたかのような気持ちになりました。

アンディ・レイキって誰?
絵にはどんなパワーが?
展示会はいつまで、どこでやっているの?
と思われた方、こちらのサイトでご確認ください。
http://jma-healing.com/andy/index.html

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (1)

新しいお友達2

週末に、またまた魅惑的な石達と運命的な出会いを果たし、家に連れて帰ってきてしまいました。今日は、その石達の紹介です。

Photo フローライト。
今、ブレスレットでも愛用しているフローライト。私にとっては瞑想の手助けをしてくれる石です。
このフローライト、小さなひとつの石として買うと、’パープル’か’グリーン’か単色であることがほとんどですが、きれいに両カラーが入ったものを見つけたので、買ってきてしまいました。見ているだけでやすらげる石です。

Photo_1 大好きなヒマラヤ水晶(チペッタンクオーツ)。
なんと、このような形で、このボリュームで、値下げをされていました。
ヒマラヤ水晶ファンになってはや5年。
値下げに初めて遭遇です。(お店の人も、めったにディスカウントしません、と明言してらっしゃいました。)
この石からは、いつもながら、パワーを感じます。

Photo_2 珍しい水晶を見つけました。アルプス水晶(スモーキー)です。
アルプスで水晶発掘できるのは、年間10日間くらいに限られているようで、とっても貴重な水晶です。
この石、形がきれいに整っていて、先端などもこれっぽっちも欠けることなく、‘丁寧に大切に日本まで運ばれてきたんだなあ。’と、感動しました。
この石と目があった途端、強く惹かれました。
グラウンディングを強めてくれるような気がします。

AZUREにセッションに来てくださる方には、この石達のパワーを直接感じ取っていただきたいなあ、と思っています。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンクロニシティ

誰にでも’虫の知らせ’と呼ばれるような直感能力があり、誰でも’偶然の一致’と驚いてしまうような出来事を経験していると思います。

ここ数週間で私に実際に起こった体験をざっと紹介します。

  • 買い物に行き、数珠を買おうかなあ、と思い立つ。しかも夫のために。「お葬式などに出ることになったら、持っていた方がいいもんなあ。」と漠然と考える。その日、家に戻って来た夫が私にこう言う。「来週早々お葬式に参列することになったよ。」
  • 夫と2人で外出。電車に乗って1時間くらいの場所に行く。そこで誰かに会ったことなどないのだが、なぜかその日は知り合いに会いそうな気がしている。すると本当に知人に遭遇。私にとっては3年ぶりの再会。夫が買い物していて、本来乗る予定の電車に乗り遅れ、次の電車を待っている時に起こったこと。(夫も、同じ予感が当日の朝からしていたらしい。)
  • 私が子供の頃にファンだったスポーツ選手のことを家の掃除をしながら、急に思い出す。もう20年くらい、TVなどでは見ていない人。その5分後、TVをつけると、何と彼の名前が!(顔は当時からあまりにも変わっていて、名前のテロップがなければ彼だとわからなかったかも)

などなど。

スピリチャルなことを齧っている人は、これらの経験を’偶然の一致’とは考えません。その逆で’世の中に偶然はない’と、信じているからです。私も、もちろん、そう思っています。全ての出来事は、宇宙の完璧な仕組みの中で、意味を持って私達の前に現れてくるのです。

では、なぜこれらが起こったのか?その謎解きは、頑張ってしなくても、ある日突然答えがわかったりするものです。私は、そんな経験を楽しんでいます。

で、おすすめは、’シンクロニシティ日記’をつけること。
自分の身の回りの起こった、このような出来事を小さなことでも良いので、日記につけていくのです。後でその意味がわかった時に、それも追記していくとおもしろいですよね。自分の変化がわかったり、世の中の見方が変わったり、「あら、私って、結構直感が働くんだ。」と自信が持てたりするようになると思います。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラウンディング2

グラウンディングができると、もっともっとすごいことが可能になります。グラウンディングコードを通して、いやなものを捨てることができるようになるのです。
怒り、哀しみ、イライラ、緊張、などを感じたら、自分のグラウンディングのコードからそれらを流し捨て、それらを地球が清浄化してくれるイメージをします。(マグマに焼かれる所をイメージしたらわかりやすいかも)そして、捨てたエネルギーの代わりに新しいエネルギーが地球から自分に戻されるイメージをしてみるのです。

私はこのスキルを教わった時、正直「まさか」と思いました。でも今は、本当にパワフルなことを教えていただいたなあ、と心から感謝しつつ、毎日実践しています。
結果、あんなに憎らしかった○○さんの顔を思い出しても、何とも思わなくなり、逆に彼に同情をおぼえたり、以前は一旦怒るとしばらく機嫌が悪かったのですが、今は知らぬ間に怒りの感情が自分から消え去り、気がつくと笑顔でいたりします。

自分のエネルギーは自分の命令で簡単に動くものです。毎日、少しでも時間を取って、この作業を行うと、自分を重くしていたものが少しづつかもしれませんが、軽くなっていきます。ラクになりますよ。ぜひお試しください。

HPのVOICES更新しました。AZUREでの体験記を、ブログに書いていただいたので、そちらを紹介しています。どうぞ、ご覧ください。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラウンディング

昨日、新宿に行きました。いつも通る道に警察官が数人いて、大きな荷物を持った人達に声をかけ、荷物の中味をチェックしていました。家に戻って夫にその話をすると、彼も別の駅で同じ光景を見かけた、とのこと。「テロ対策だろう。」と言っています。私もそう思います。政府は私達の不安をムダに煽るような呼びかけはしませんが、テロ警戒レベルが上がっているのかもしれませんね。

こんな時こそ、グラウンディングを強める必要がありますね。
グラウンディングとは、肉体と地球を結びつけるスキル。これができていると、安定感をおぼえ、シッカリとしてきます。例えば日常生活で、

  • よく忘れ物をする
  • 電車を乗り過ごす
  • よく転んだり、体をぶつけたりする
  • ウッカリミスが多い
  • 気がつくとボーっとしている
  • アイディアはいろいろと沸くけど、実行に移すのがおっくう

というような方は、グラウンディングしていない方、あるいは弱い方です。
グラウンディングできてくると、これらが解決され、自分が頭で思い描いたことを実現する力が強まります。また、地球と一体になるのですから、自分が’守られている’という感覚を持てるようにもなります。

更に慣れてくると、グラウンディングからいろんな情報が取れます。

  • 今日は地球がピリピリした感じがするから、地震がくるかも
  • グラウンディングが安定しないから、仕事上でミスしないよう気をつけないと
  • グラウンディングに自分のものではないエネルギーがあるから、誰かにお金貸して、って言われるかも・・・・

などなど。(全部、実話です。)

今、地球は大きなシフト期に入っていて、まだまだ天災やテロの脅威にさらされていくと思われます。こんな時こそ、グラウンディングをしっかりして、地球から情報をもらい、しっかりとコミュニケーションして、安定した気持ちを持ち続けましょう♪

グラウンディングのやり方は、私もお目にかかった皆さんにお伝えしていますし(忘れた方、メールください。)、レバナ先生の本にも詳しく説明されています。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

捨て上手は幸せ上手

植物療法士であり、美容研究家でもある私の知人、こんなことをつぶやいていました。
「皆、栄養クリームだの美容液だのには何万も注ぎこぐくせに、良い成分のクレンジングでちょっと値段が張ると買ってくれないのよね。取り去るものにはお金をかけてくれないのよ。本当は、取り去ることこそ大事なのに・・・・。」
これは、スピリチャル界でも同じなので、私、何度も頷いてしまいました。

「どうしたら幸せになれる?」
「どうやったら、良い’気’を入れられる?」
「どうやったら、運を呼び込める?」

という質問が多い割に、

「どうしたら、古いもの、不要なものを捨てられる?」

という質問はあまりいただきません。

古くて不要なものが自分のオーラの中にあったら、新しい良いものを取り入れるのは難しいのに。宇宙から愛のエネルギーが降ってきても、スペースがなかったら入らないのに・・・

想像してみてください。あなたは、高級スーパーに行って、フレッシュなフルーツや高価なシャンパン、一流料亭仕込みのお惣菜を買い込んできました。保存しようと冷蔵庫を開けると、冷蔵庫の中は、不要な食材で一杯。古くて腐ったもの、自分が好きでないもの、どうやって食べたらいいかわからずただ仕舞い込んでいるもの・・・・
あなたが欲しかった食材、あなたがこれから楽しめる食材を入れる場所がありません!

あなたはここでもうひとつ、大事なことに気がつきます。
これら不要なものを入れておくために、ずっと高い電気代を払っていたことに!

古いものを自分のエネルギーにいつまでも持っていると、新しいものを受け入れるのが難しくなります。同時に、あなたは無意識のうちに、古いものを保持するために、自分の貴重なエネルギーを使っていることになるのです。なんてもったいないんでしょう!

古いエネルギーは、自分が手放そう!と思えば手放せるものです。物によっては時間がかかるかもしれませんが、徐々に軽くなって、気がついたら手放せているものです。

過去の失敗、後悔、
人に傷つけられたこと、
人を傷つけてしまったこと、

などを思い出す度に、胸が痛んだり、気分が暗くなる場合は、まだまだ古いものに自分のエネルギーを分け与えている証拠です。

’自分はこの件から何か学ぶ必要があったから、これを経験した。でももう今は必要ない。学んだことに感謝して、自分のこの不要なエネルギーは手放すぞ’と、自分に許可を与えてみてください。これができるようになった人のエネルギーは軽くなり、過去を振り返ることがあまりなくなります。

数ヵ月後、同じ件を思い出しても、何の感情も伴わず、単なる記憶となっていたら、成功です!あなたが手放したエネルギーが元入っていた場所には、新しいものが入ってきているかも?!

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡のヒーラー

今、私はあるグループの音楽をよく聴きます。彼らの音楽を聴くと、私のハートチャクラが動くのがわかります。彼らのハーモニーが今の私のエネルギーに合っているようです。
そんな私に夫から質問。「今彼らに実際に会えたら、何て言う?」
私は即答しました。「私のことをヒーリングしてくれてありがとう。」
彼らの音楽は、私に癒しをもたらす、私のヒーラーなんです。

ヒーラーにもいろんなタイプの人がいますが、今日は’奇跡のヒーラー’のお話を紹介します。

アメリカ、フロリダ州に、16才から30年以上も昏睡状態の女性、エドワーダがいます。彼女は母親による献身的な介護によって、自宅療養をしています。

ある日、母親の元に、ヨーロッパから2人の老女が訪ねてきて、エドワーダに会わせて欲しいと言われたそうです。老女達は、眠り続けるエドワーダの枕元でしばらく祈って、帰って行ったそうです。

それからしばらくして、母親の元に老女達から感謝の手紙が届けられました。それによると、‘老女達の妹が脳腫瘍を患い末期状態にあったこと、教会で妹のために祈っていると、アメリカのフロリダに眠れる聖女がいる、彼女に会って妹のために祈れ、というお告げを聞いたので、その声に従って、エドワーダの元を訪ねた。国に戻ってしばらくすると、妹の腫瘍がなくなっていた。’と。

その話がメディアに取り上げられてから、全世界から1万人以上の人がエドワーダを訪問して、癒されているようです。
エドワーダは、元々敬虔なクリスチャンで、病気になる前に「私は人の役に立ちたい。」と言っていたそうです。今まさに、彼女はその希望をかなえているのですね。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しいお友達

昨日は友人と鎌倉探索を楽しみました。

私が鎌倉に行く度に訪れるパワーストーン屋さんがあります。昨日もそちらにうかがい、新しいお友達を連れて帰ってきました。

Ishi まずは、フローライトのブレスレット。フローライトは‘意識をより高次元に導く働きがある’と言われている石です。グリーンとパープルの色の組み合わせが気に入りました。両方とも、私がヒーリングでよく使う色なんです。

ヒマラヤ水晶も購入。これも以前から好きな石です。ヒマラヤの標高5000~8000メートルのところから採れるパワフルな水晶です。これを使って瞑想して自分の過去世を見た、という人を何人か知っています。私自身は、この水晶を見ているだけで幸せな気分になれます。

ダウジング用水晶もゲット。ちょうどダウジングを練習しようと思っていたところでした。これを使って、次の旅先とか決めていったらおもしろいですよね。

それと、石ではないのですが、浄化用ホワイトセージを数袋購入。セージは本当に浄化力があると思います。ヒーリングルームだけでなく、家全体をセージの香りで一杯にするのが好きです。その後の家の’気’が変わっているのがわかります。

私がお気に入りの石屋さん。楽天に出店していらっしゃいますが、実際にお店に行かれると楽しいと思いますよ。美しい石達を楽しめます。お店の’気’がとても良いので、そこで石をながめているだけで、ゆったりと幸せな時間が流れていきます。値段も楽天のものより安いものからそろえていらっしゃいます。

鎌倉聖石

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖なる土地の力

4862380204b 「聖なる土地の力」 マーティン・グレイ著

パワースポット研究の第一人者と言われているマーティン・グレイ。25年かけて100以上の国を旅し、1000ケ所以上の聖地を訪れたそうです。この本は、そんな彼の体験や研究がまとめられたもの。「ナショナル ジオグラフィック」のフォトグラファーでもある彼が撮った写真と、彼が学んだこと、感じたことが紹介されています。

この本の中に紹介されている場所は全世界100ケ所。ひとつの場所については1~2ページの構成になっているので、各地の詳しい情報を得ることはできません。でも、その地がなぜ’聖地’と呼ばれるようになったか、どのような人達がそこで生活や儀式を行っていたのか、など、なかなかガイドブックなどでは知りえない情報が紹介されています。

「どこかに旅したいけど、どこがいいかなあ?」なんて思った時に、この本を見て、写真やその地が持つ神話などで惹かれる場所があったらそこに行ってみる、なんて使い方ができたらいいなあ、と思えるような1冊でした。

彼のサイトもなかなか興味深いですよ。すでに1500万人が訪れているようです。

www.sacredsites.com

聖地といえば、昨日おもしろいことがありました。私は、今年に入ってから高野山に行きたいなあ、と思っていました。でも夫の休みはなかなか合わず、何人かの友人を誘っても良い返事が戻ってこず、’1人で行ってみるか’なんて考えていたのです。

ところが、昨日、急にヒーラー友達から電話があり、久しぶりに2人でお茶することになったのですが、そこで何気なく’高野山プラン’のことを話すと、彼女、「私も行きたかったの。私も行く!」と、大きな声で言うではありませんか。その時の彼女、見事に(?)鳥肌立てていて、「これは行くしかない。」という思いを強くしたようです。「今日は、この旅行計画のために会うことになったんだね。」と、互いに確認し合いました。

一気に盛り上がった2人ですが、高野山で興味深い体験ができたら、それを皆さんにシェアしたいですし、パワースポットに興味がある人達数名で一緒に旅して、その土地のエネルギーを感じながら瞑想するような企画が立てられたらいいねえ、なんてところまで話が進みました。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オーラリーディングについて

「オーラリーディングってどうやって見ているの?」と、質問をいただきました。オーラリーディングは、自分のオーラの外にスクリーンを作って、そこに現れる色や画像を見えたままお伝えしています。

私は、リーディングに入る前に、皆さんのハイアーセルフ(高次の自己)に、’この方に必要な情報を見せてくださいね。’と、お願いするようにしています。そこで見える画像などの意味がわからない時は、やはり皆さんのハイアーセルフに’意味を教えてください。’とお願いします。その結果、更に見えた画像や、聞こえてくる声、感覚などをお伝えしているわけです。

オーラーリーディングを受けられて、ピンとこないことを言われることもあるでしょう。でもリーダー(リーディングをする人)として私は、とにかく見たままを伝えます。今意味がわからなくても、数年後にそれを実感したり、ということがあるからです。

私自身がまさに同じ経験をしています。もう何年も前、スピリチャルなことに興味はあり、たくさんの本を読んではいたけど、それをちゃんと学ぼう、仕事にしよう、なんて、これっぽっちも思っていなかった時のことです。友人から借りた本で、ある超能力者のことを知りました。興味本位で私もその人のセッションを受けてみたい!と思い、申し込みましたが、宣伝していない割にとても有名な人らしく、「1年以上待たないと予約が取れない。」とのこと。ガッカリしながらも、一応予約を入れ、キャンセル待ちにも登録しました。

半年くらい経った頃でしょうか?彼の事務所から電話があり、「キャンセルが出たけど次の土曜にどうですか?」とのこと。予約を入れたことも忘れていて、特に悩んでいたことがあったわけではないタイミングだったのですが、せっかくだから、ということで受けてみることに。そこで彼に言われたことは・・・・

「あなたは自覚がないでしょうが、あなたは僕のライバルになる人なんですよ。」

ビックリ!

まさしく自覚なんてなくって、??????という顔をしている私に、彼は続けました。

「あなたが今選んでいる仕事は、最もあなたに合いません。あなたは素晴らしい超能力の持ち主なんです。あなたはこれから、お金と時間を使って、いろんなことを勉強していくでしょう。そして、僕のライバルになります。」

その時の私には彼の言葉が信じられなくって、金返せ!くらいの気持ちで家に帰りました。すぐに仕事で大忙しの日常に戻り、ストレスフルな毎日を送るようになりました。それなのに、不思議なものです。数ヶ月後には、それまで目に入らなかったスピリチャルな世界のワークショップのチラシが妙に気になるようになり、安かったので申し込んでみると、そこで新鮮な経験を次から次へとし、「ヒーリングを学びたい。リーディングを学びたい。」と、思うようになったのです。

その後もとんとん拍子で事は進みました。そのワークショップで知り合いになった方が、たまたま私にJMAの小冊子をくれ、そこでレバナ先生のクラスのことを知り・・・・といった展開になったのです。

話がそれてしまいましたが、リーディングで言われることは必ずしも本人が自覚していることではないかもしれません。でも、私達リーダーは、見たままをお伝えすることしかできません。そして、何かがあるから、リーダーはそれを見ているのです。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球への癒し

「これからたくさんの人にヒーリングをしてください。人を癒すということは、自分の癒しにつながり、地球を癒すことにもなるのです。」

ヒーリングの上級クラスを卒業する時に、レバナ先生から送られた言葉です。’地球を癒す’という言葉に、私の中の何かが共鳴したことを今でもおぼえています。そんなことができたら、どんなに素晴らしいでしょう?地球の役に立てたら、どんなに幸せでしょう?

自然環境を守るためにできるだけのことをする、自然の美しさを目にする度に感謝の念を持つ、動物や植物を大切にする、などなど、地球上の自然との共存のために思いつくことは実践しているつもりの私ですが、自分の日常的なエネルギーワークで、地球を癒すことができたら、それは本当に嬉しい!少しでも役に立たせていただこう!そんな気持ちで、皆様のヒーリングをさせていただいています。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体の声

「体の声をもっと聞いてください。」というと、「どうやって?」と質問されることがあります。難しく考えないでください。疲れたなあ、と思ったら無理せず休みを取る、体が冷えていると思ったら、太陽にあたる、ということなんです。こんなシンプルなことなのに、なかなか実行できない人が多いようです。疲労が蓄積しているのに、更にまだ頑張ろうとしている人に何人もお目にかかってきました。という私もOL時代は無理して、疲れて、倒れて、なんてことを何度か経験しました。反省・・・

ある友人から、こんな相談を受けました。「最近、お肉を食べると体がかゆくなるのよ。」これはまさに、体が発している声です。彼女の内臓の一部が弱り、油を消化する能力が衰えていて、そのような反応を起こしているのかもしれません。あるいは、彼女が敏感になっていて、お肉を食べる度に、その動物達が殺された時の恐怖のエネルギーを感じ取っているのかもしれません。

いずれにせよ、「お肉」を食べることで体が好ましくない反応をしているのですから、それを体が発するメッセージと受け取って、体に何らかの答えを与えてあげること、この場合は、一番簡単なのは、「お肉を食べることを控える。」それが、「体の声を聞くこと」になるわけです。

でも彼女はこう言いました。「それはわかっているけど、家族全員お肉が好きだから、どうしてもお肉を使ったメニューばかりになるのよね。私1人で違うもの準備するのも面倒だし・・・。」

彼女が最終的にどのような選択をしたかわかりません。確かに、食事のメニューを増やすことはそんなに簡単なことではないでしょう。でも、このまま体が発するメッセージを無視していたら、かゆみは止まらないし、無視され続けることで、体が更なる強いメッセージを送ってくるかもしれません。

シンプルな形で常時体の声を聞くことができれば、健康上のトラブルの多くは、早期に解決できるように思います。

疲れたら休む、喉が渇いたら水分を採る、体が冷えたら温める、体に合わない食べ物は食べない、体に合わない素材は身につけない、体が凝ったら運動する、などなど。こうやって文章にすると、とても簡単なことばかりで、誰もが頭では承知しているんでしょうね。でも私の友人のように、「体の声」に抵抗する理由を考えて、なかなか実践できていない人が多いので、ここにアップさせていただきました。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/

| | コメント (2) | トラックバック (2)

パパラギ

私がおすすめする本を紹介します。

タイトルは「パパラギ はじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと」

Ehon_paparagi パパラギとは、サモアの言葉で’文明国と言われる国の人達’のことをさします。サモアの酋長ツイアビが1915年頃にヨーロッパを旅して帰り、その印象を島の人に報告しました。それを聞いていたドイツ人の詩人がその話をまとめ、1920年にスイスで1冊の本として出版。日本では1981年に翻訳されて、出版されたそうです。

とても古くから読まれているこの本ですが、内容は全く古くないです。むしろ、人間が大切に思うものって、国や時代を超えているんだなあ、私達日本人の価値観も本来はこうだったんだろうなあ、と、思えます。そして、私達もこんな風に生きれたら、ヒーリングなんて必要ないのになあ、なあんて、感じさせてくれるのです。

私が’バイブル’のように、大切にしているこの本。一部を紹介します。

考えること、考えたもの、知識。これがパパラギをとりこにしている。彼らは自分たちの知識で酔っ払っているようなものだ。

日が美しく輝けば、彼らはすぐに考える。「太陽が昇った!」彼らは切れ目なく考える。「太陽はどうして美しく輝くのか。」

これは間違いだ。ばかげている。日が照れば何も考えないほうがいいのだ。

かしこいサモア人なら、温かい光の中で手足を伸ばし、何も考えない。手や足や腹や、からだ全体で光を楽しむ。頭で考えるのではなく、肌や手足に感じさせる。

パパラギにとって考えることは、道をふさぐ大きな岩みたいなものだ。楽しいことを考えても笑わないし、悲しいことを考えても泣かないのだから。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パワーストーンについて2

「パワーストーンはどんなところで買ったらいいの?」「どうやって選んだらいいの?」と聞かれることがあります。答えは簡単。「自分が良いと思ったお店で!」「自分が欲しいと思った石を!」私は、石選びは、人間関係と同じで’縁’だと思っています。自分に合う店、自分に合う石、というは自分の感性で選ぶのがベストです。

お店に入ってみて、「このお店落ち着くなあ。」と感じるか、「石の種類はたくさんあるけど、なんだかゴチャゴチャしているなあ。」と思うか、もちろん「落ち着く」というお店の’気’の方が自分に合っている、ということです。’気’が良い店というのは、お話をうかがってみると、お店の浄化や石の浄化をまめにやっていたりします。私個人としては、そんなお店で買うことが多いです。自分では何も感じない、という人は、店員さんとちょっとお話してみると良いかもしれません。石の浄化の仕方や、石の出身地、などなど。即答されたら、そのお店では石にこだわりがあり、石を大切に扱っている、と判断できるひとつのポイントになるでしょう。

石選びについては、例えば「恋愛運をアップしたいからローズクオーツ」といった選び方も良いのですが、ローズクオーツの隣で光っている別の石が気になったら、そちらも手にとってみると良いと思います。’気になる’というのが、自分が直感が何かを訴えているサインなんです。

また、気になる石は変わってきます。自分の趣味嗜好が徐々に変わっていくように、人間関係が変わっていくように、石の好みも変わっていきます。自分が変わっているのだから、自然な変化なんです。

私は、昨年はトルマリン好きでした。今年に入ってから、ロードナイト(インカローズ)が気になっていました。でも、このロードナイトという石、結構高いんです。だから、慎重に、自分が本当に’これ!’と思える石に出会えるまで、購入を控えていました。

今年の5月、イタリア旅行をした際のこと。トスカーナの小さな村で、気になった土産物屋さんに入ると、そこにロードナイトのブレスレットを見つけました。一目でそれに惹かれました。試しに腕につけてみると、とてもシックリきます。値段も日本で買うのの5分の1くらい。すぐに購入しました。まさに、私とロードナイトの運命の出会いだったなあ、と、大切にしています。

大切な石だからこそ、浄化も必要です。特に水晶系の石は外気(他人の気、など)をよく吸います。水晶の色が次第にくすんでいく、、、という話、よく聞きますよね。私がすすめる浄化方法は、朝のパワフルな太陽光に石をあてること。ムーンストーンなどは、月光の方が良いようですが。また、セージをたいて、その煙で浄化する方法も良いと思います。私もせっかく出会った石たちが本来のパワーを保ってくれるように、定期的の浄化を行っています。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セドナ旅行のインタビュー記事

4年前に私の師、レバナ先生のツアーでセドナに行った時の体験をインタビューされ、それが記事になっています。よろしければご覧ください。

http://www.jma-inc.jp/07tour/interview02.html

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーストーンについて

HealingRoomAZUREでは、以前米国アリゾナ州セドナからパワーストーンを取り寄せて、皆様に販売させていただいておりました。現在、理由あってこの活動を休止していますが、’石’についての問い合わせがとても多いので、また何かの形で再開しようと、準備中です。

さて、私がなぜ’石’が好きなのか?’石’で本当に幸せになれるのか?などなど、ご質問をいただきました。石には、波動があります。石には独特の力があります。メッセージを発してくれる石もあります。私はそれらを’石’から感じ取ることが好きなのです。

では、実際に’石’を持つことで幸せになれるのか?ということですが、私の知人がこんな経験をしました。彼女は、ラッシュアワーの時間帯に、足を滑らせてホームから線路に落ちてしまったそうです。幸い、周囲の人達が必死で助けてくれてことなきをえたのですが、電車が多い時間帯の出来事だったので、本人はこれまで味わったことのないような恐怖をおぼえたそうです。

その彼女、無事に会社までたどり着き、バッグをあけてみたそうです。そのバッグには小袋に入れた水晶数個を入れっぱなしにしていたそう。その小袋をあけてみると、なんと、中の水晶が全部割れていたそうです。前日まではひびも入っていなかったのに・・・・・彼女は、水晶が自分の身代わりになってくれた、と、直感的に思ったそうです。

自分のその経験から、彼女は、’水晶は自分を守ってくれる石’と、信じて、手放さなくなったようです。彼女を救ったのが水晶だったのかどうか、それはわかりません。でも確かに水晶には’身を守ってくれる’という意味がありますよね。

もうひとつ、おもしろいエピソード。久しぶりに友人に会った時のこと、彼女がしているパワーストーンのブレスレット、それ自体はとても素敵なんですが、どうも、彼女に合わないような感じがしました。彼女とお茶している間、歩いている間、ずっと違和感をおぼえていました。で、思い切って、彼女に言ってみました。「ねえ、その石なんだかあなたに合わないようだけど、どうしたの?どこで買ったの?」すると、彼女、「友達にもらったんだけど、どうも最近その子と気が合わなくって、ちょっと距離を置いているのよね~。この石も、もらった時は嬉しかったけど、最近つける時に気が乗らないのよ。」

彼女はすぐにそのブレスレットを外し、自分で選んだパワーストーンをつけ始めました。それは、とてもシックリと彼女に似合っているものでした。いろんな人に「それいいね。」とほめられているようです。

まだまだ書きたいことがあるこのパワーストーンネタ。長くなりそうなので、続きはまた書きます。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »