« ご挨拶 | トップページ | セドナ旅行のインタビュー記事 »

パワーストーンについて

HealingRoomAZUREでは、以前米国アリゾナ州セドナからパワーストーンを取り寄せて、皆様に販売させていただいておりました。現在、理由あってこの活動を休止していますが、’石’についての問い合わせがとても多いので、また何かの形で再開しようと、準備中です。

さて、私がなぜ’石’が好きなのか?’石’で本当に幸せになれるのか?などなど、ご質問をいただきました。石には、波動があります。石には独特の力があります。メッセージを発してくれる石もあります。私はそれらを’石’から感じ取ることが好きなのです。

では、実際に’石’を持つことで幸せになれるのか?ということですが、私の知人がこんな経験をしました。彼女は、ラッシュアワーの時間帯に、足を滑らせてホームから線路に落ちてしまったそうです。幸い、周囲の人達が必死で助けてくれてことなきをえたのですが、電車が多い時間帯の出来事だったので、本人はこれまで味わったことのないような恐怖をおぼえたそうです。

その彼女、無事に会社までたどり着き、バッグをあけてみたそうです。そのバッグには小袋に入れた水晶数個を入れっぱなしにしていたそう。その小袋をあけてみると、なんと、中の水晶が全部割れていたそうです。前日まではひびも入っていなかったのに・・・・・彼女は、水晶が自分の身代わりになってくれた、と、直感的に思ったそうです。

自分のその経験から、彼女は、’水晶は自分を守ってくれる石’と、信じて、手放さなくなったようです。彼女を救ったのが水晶だったのかどうか、それはわかりません。でも確かに水晶には’身を守ってくれる’という意味がありますよね。

もうひとつ、おもしろいエピソード。久しぶりに友人に会った時のこと、彼女がしているパワーストーンのブレスレット、それ自体はとても素敵なんですが、どうも、彼女に合わないような感じがしました。彼女とお茶している間、歩いている間、ずっと違和感をおぼえていました。で、思い切って、彼女に言ってみました。「ねえ、その石なんだかあなたに合わないようだけど、どうしたの?どこで買ったの?」すると、彼女、「友達にもらったんだけど、どうも最近その子と気が合わなくって、ちょっと距離を置いているのよね~。この石も、もらった時は嬉しかったけど、最近つける時に気が乗らないのよ。」

彼女はすぐにそのブレスレットを外し、自分で選んだパワーストーンをつけ始めました。それは、とてもシックリと彼女に似合っているものでした。いろんな人に「それいいね。」とほめられているようです。

まだまだ書きたいことがあるこのパワーストーンネタ。長くなりそうなので、続きはまた書きます。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

|

« ご挨拶 | トップページ | セドナ旅行のインタビュー記事 »

「パワーストーン」カテゴリの記事

コメント

パワーストーンを選ぶときにポイントは
なんでしょうか???
私は何にも感じることができないので
まぁ気に入ったらそれでいいのかなぁ?
ガラスのトンボ玉をよく身につけていますが
石もトンボ玉も疲れてくるときもあるのかしら?
ずーっと使い続けると何か石にしてあげたほうがいいのかしら???

投稿: たま | 2006年8月 2日 (水) 23時14分

こんにちは、たまさん。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、「ご自分が気になった石、気に入った石」を選ばれるのが一番なんです。
石によっては外気を良く吸ってパワーダウンするものがありますので、たまに浄化してあげると良いですね。そのあたりのこと、明日にでももっと詳しく紹介する予定です。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: AZURE | 2006年8月 3日 (木) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/2890359

この記事へのトラックバック一覧です: パワーストーンについて:

» アリゾナ州 [アメリカ合衆国 各州情報]
アリゾナ州アリゾナ州 (Arizona AZ)は、アメリカ合衆国の南西部にある州。銅と綿花の生産がさかんで、1980年代に南部サン・ベルトの一角として発展したが、1990年代に入るまで、ハイテク産業の発展に追いつけなかった。今日ではハイテク産業の一大拠点となっており、カリフォルニア州からの企業流入が...... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 12時00分

« ご挨拶 | トップページ | セドナ旅行のインタビュー記事 »