« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

休憩しましょ!

最近、頑張り過ぎの人が多いなあ、と思います。
朝から深夜まで、食事の時間も取らずに仕事している人、
たった1人でもう何年も年取った親の介護をしている人、
失業中の兄妹の面倒を見続けている人、
家庭を顧みない夫を責めもせず、家事と育児とパートにおわれている人、

そういう方達のオーラを見ると、’まだまだ頑張らないと’というエネルギーがあります。
「もう十分頑張っていらっしゃるじゃないですか。」というと、「でも、状況がよくならないのは、自分の頑張りが足りないのでは?自分の力が足りないのでは?」と、返ってきます。
頑張りすぎの上まだ頑張ろうとしている・・・・
こんなに頑張っている自分を責めている・・・

私達は小さい頃から根性物語を植えつけられていますよね。
’石の上にも三年’とか、’苦あれば楽あり’とか、苦労や我慢を奨励する言葉をたくさん習ってきましたよね。「幸せになるためには、苦労が必要」と、どこかで信じていますよね?
だから、物事がうまくいかないと、’もっともっと’と考えてしまうのでしょうね。


こんなに頑張っているのに状況はからまわりしている、
こんなに苦労しているのに良いことがない、
こんなに必死なのに誰もわかってくれない、

そんな時、そろそろ休憩する時かもしれません。

まずは体を休めること、
よく眠ること、
ボディケアなどを受けてリラックスすること、
旅行に出かけてしまうこと、

何でも良いので、ちょっと休んでみてはいかがでしょうか?

体が休まれば、頭も休まり、心がリフレッシュされます。
そうすると、これまでからまわりしていたことについて良いアイディアが沸いたり、別の方向性を見つけやすくなります。価値観が変わってしまうこともありますよ。

’休むなんて無理無理。私が休んでしまったら・・・・・’
と思われたら、本当に無理になるでしょう。
そうやって自分で決めつける前に、他人を頼ること、お金で解決できることはないか探ること、など、オプションがあることも忘れないでくださいね。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良いリーディングって?

知人リーダー(透視リーディングをする人)からこんな話を聞きました。
AさんはBFのことで悩んでいて、リーディングを受けにあるリーダー(私の知人ではない人)のところを訪れました。AさんはBFのことが好きで好きで、そろそろ結婚したいと思っていたそうですが、なかなか彼がプロポーズしてくれない、それどころが、近頃では、彼の気持ち自体がよくわからない、本当に自分のことが好きかどうか自信がない、しかも、自分の親も友達も「あいつはいい加減な奴だから、やめておけ」とアドバイスしてくる、そんな状態だったようです。

Aさんをリーディングしたリーダーは、こんなことを彼女に告げました。
「彼はあなたのことを思っていますよ。2人はきっとうまくいきます。このまま彼を信じなさい。」
Aさんは大喜び。やはり、自分が希望した通りなんだ!と、そのリーダーに感謝したそうです。

それを傍目で見ていた私の知人リーダー。どう考えても、Aさんと彼のエネルギーは合わない、彼がAさんの方を向いていない状態がみえたそうですが、別に彼女に質問されたわけでもないし、リーディングを依頼されたわけでもないので、何も言わなかったそうです。

その1ケ月後、Aさんから「彼と別れた。彼には別の女性がいた。」という報告をもらったそうです。私の知人リーダーは別段驚かなかったようですが。

では、実際にセッションしたリーダーは何を見たのでしょう?
それは、Aさんが描くイメージだったのでしょう。Aさんの願いの画像だったのでしょう。

実際に、リーディングなどしていると、クライアントさんがどんなことを言ってもらいたいか、どんな言葉を期待しているか、が結構わかります。
リーダーの中には、それをそのまま伝えて、クライアントさんを一時的に喜ばせる人もいます。一時的にであっても、’気持ち良い情報’をもらって喜ぶ方もいます。

でも、それが本当に良いリーディングなんでしょうか?
多少、その場で相手を怒らせてしまったり、悲しませてしまうようなことでも、真実を伝えていくことが、重要なのではないでしょうか。その時にクライアントさんがピンとこないような情報でも、見えたままを伝えておくことが必要なのではないでしょうか?
その上で、クライアントさんが進化の一歩が踏み出せるようなお手伝いをさせていただく、そんなリーディングを心がけていきたいと思っています。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラピストとの付き合い方

「あなたは一生お金で苦労します。」
「あなたの病気は治りません。」
「あなたは結婚できません。しても離婚します。」

こんなことを他のセラピストや占い師に言われた・・・というクライアントさんが何人かお見えになりました。皆さん、どこかで「そんなことない!信じない!」と思いながらも、やはり言われたことが気になり、他のセラピストの意見を聞きにいろんなところを訪れたりされているようです。

もし、そんな気になることをどこかで言われたら、必ず理由を聞いてみてください。
確かに、病気になること、一生一人でいること、お金で苦労すること、を選んで産まれてきている人はいます。でも、それには理由があります。

例えば、’物理的なこと、肉体的なことばかりに重きを置いた世を何度か歩んできたので、今世では精神性を高めたい。物より大切なものがあることを学ぶために、お金をあまり手にしない!’というような感じです。
ということは、精神性が高まれば、その学びはある程度果たされたことになり、物を遠ざける理由がなくなります。その後は精神性も現実性も豊かな生を送れるようになる、ということですよね?
理由を知れば、その後の光も見えてくるわけです。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ファントム・クリスタル

061024019  ファントム・クリスタル(山入水晶)を入荷しました。

 

ゴースト・クリスタルとも呼ばれ、透明の水晶の中に、別の、または繰り返しの水晶が見えるもので、何とも幻想的で美しい水晶です。

潜在能力を引き出し、超能力や霊力、浄化力を強くする働きがあると言われている石です。また、瞑想で深い状態に入るのを助けるとも言われている石です。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ピンクのエネルギー

ピンクは愛の色、っていいますよね?
今日は本当にそうなんですよ~、というお話です。

以前、レバナ先生が「恋している人が部屋に入ってくると、部屋中がピンクになるからすぐにわかる。」とおっしゃっていました。
実は私もそんな経験をしたことがあります。
半年ほど前、久しぶりに知人に会うと、彼女の周りがピンクピンクしているのです。
「これかー!」
と思って、「恋しているんでしょう?」「付き合っている人いるんでしょう?」と彼女を質問責めしてしまいました。その時の彼女は、「いや、別に~。」なんて否定していたのですが、その2週間後には「実は結婚することにしたの。あの時、言い出せなくってゴメン。」と、嬉しい報告をもらいましたよ。
ほらね、オーラはウソつかないのよ、と、思った瞬間でした。

オーラの世界と現実世界はつながっています。
淋しい時、誰かの愛が欲しい時、新しい恋を求めている時、ご自分のオーラがピンク色になって、ご自分が愛で満たされているようなイメージをしてみてはいかがでしょうか?そうすると、まずは自分で自分を愛することの大切さに気づき、そこから、変化が訪れるでしょう・・・・

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エネルギーで遊んでみよう!

先日から、エネルギーを抜く、とか、エネルギーを送る・入れる、といったお話をしてきました。「どうやってやるの?」といったご質問をいただきました。簡単です!イメージするだけです。

エネルギーを抜く時は、不要なものがそこから出て行く様子をイメージするだけなのですが、例えば、不要なものを黒い雲みたいなものにイメージングすると、やりやすくなるようです。
また、エネルギーを入れる時は、きれいな光や色が、そこに吸収されている様子をイメージします。

とにかくリラックスしてやってみると、いかにそれが簡単かがわかってくるし、楽しくなってきますよ。

昨日、こんなメールをもらいました。

2日くらい前にパソコンがまったく作動しなくなってしまって主人があれこ
れ触ってもやはりだめだったときにイメージでパソコンからエネルギーを抜くことを試みてみました。すると見事にびくともしなかったパソコンが作動して感謝!感謝!です。

彼女は、私のところに1度いらしてくださった方。
その時は、’エネルギーなんて感じたことない’とおっしゃっていたんです。
なのに、その数日後には、こんなエネルギー体験をされましたよ。おもしろいですね。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピリチャルとお金

ほんの数年前までは、「お金を取る霊能者は偽者」とか、「お金をもらって神様からもらった特殊能力を使うとバチが当たる」なんてことを言う人が結構いらしたものです。
霊能力、超能力、ヒーリング能力などは、神から与えられた特別な才能であって、それを人のために使うのは当たり前。それを使うことで自分がうるおうことは間違い、といった考えです。

この傾向、最近は大きくかわっています。
「きちんとお金をいただいた上でセッションしなさい。」
と指導されるスピリチャルリーダー達が増えています。
「全てはエネルギー。あなたの時間も、テクニックも知識も、リーディング能力もエネルギー。そのエネルギーをお客様に提供するのだから、そのかわりにお客様からお金というエネルギーをいただきなさい。」
といった論理です。

確かに、リーディングやヒーリングなどは目に見えないものです。実際に手に取れる洋服や宝石を買うのとはわけが違い、皆さんも「このセッションって高いの?安いの?」と判断しかねることもあるでしょう。
でも、それらのリーディングによって、人生を変えることができたら、そのセッションは当人にとって安いものになりえます。ヒーリングによって、一時的にでも元気になれたら、薬代やマッサージ代を節約できて、結果的には得したことになるかもしれません。
ほとんどの、ヒーラーやリーダーは、そんな思いで、皆様からお金をいただいて、セッションをさせていただいています。

ところが、残念ながら、そんな方達ばかりでないことも事実です。以下のような人に会ったら、ちょっと気をつけてみてください。わかりやすいように、現実社会でお金を使うケースに当てはめた例をご紹介します。

・法外な代金を要求する。ご自分の常識を外れた金額を要求されるようなところには寄り付かないことをおすすめします。(ブーツを買いにいき、予算¥10,000ないのに、\1,000,000のブーツを強くすすめられるような状態。)
・予定外の代金を要求する。あなたは頼んでいないのに、’○○も○○もあなたには必要だったら、しておいたからその分も払え’、と言うようなケース。(ブーツだけ買ったつもりなのに、買い物袋にはサンダルもスニーカーも勝手に入れられていて、まとめてお金を払え、と言われるような状態です。)
・お金を払わないと、悪いことが起こる、などと脅し洗脳するケース。(このブーツは特別だから、今買わないと後悔する、と、迷いにたくみにつけ込んでくる状態)
などなど。

費用対効果、という言葉がありますが、セッションを受ける時にもまさにこの言葉を当てはめて判断して欲しいと思います。’この人のヒーリングは○○円かかるけど、ぜひ受けてみたい。’と思ったら、受けていただきたいですし、’これはちょっと高すぎて抵抗あるけど、人がいいっていうからなあ・・・・’というような思いの時は、控えた方が良いでしょう。
セッション料金が不明瞭な場合は、遠慮せず、あらかじめ確認してみてください。「○○以上はかかりませんね?」というくらい、強く聞いてもよいと思います。
お金も時間もエネルギー。ご自分のために大切に使ってあげてください。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夢の中のメッセージ

一昨日、とってもクリアな夢を見ました。私が、’553’という数字を探しているのです。
夢の中で、その数字を探しながら、’この数字は今の私に大きな意味を持つに違いない。目が覚めたらこの数字の意味を調べなくっちゃ’と、強く思ったのです。

果たして、朝起きたらすぐに本棚に行き、以前読んだドリーン・バーチュー博士の本を引っ張り出しました。彼女によると、’時として数字の組み合わせは天使からのメッセージ’なんだそうです。

553の意味は以下の通り。

アセンデッド・マスターが差し迫った大きな人生の変化のために、あなたを準備しようとしています。彼らはこの変化を通してあなたの手を握っていること、そして全てはうまくいくことを知って欲しいのです。変化をしっかり受け止め、その中の祝福を探してください。

私の体の中に、ストーンと入ってくるメッセージでした。
夢の中で553を探している状態は、つまり、アストラル界の図書館で自分に必要な情報を探していたということなのでしょう。

時に、私達は夢の中でとっても大切なことを伝えられます。
気になる夢があったら、忘れないようにメモしておいて、調べてみるとおもしろいかも・・・

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島ドッグパークの犬達へ

広島ドッグパークのニュースがTVで流される度に、多くの人が胸を痛めていることでしょう。私も最初は、あまりの惨状に言葉を失いました。最近では、ボランティアの皆さんの献身的な働きで、危機的状況は脱しているとのこと。ホっとしました。同時に、ボランティア団体の皆様の活躍に感謝!ですね。

ところで、今回のこと。当事者の犬達はどんな風に感じているのでしょうね?
アニマルコミュニケーターの本にこんなことが書いてありました。

動物は、人間の気持ちに敏感。
人間の悪意の有無を感じ取る。
動物はおおむね寛大な心を持っているので、何かあってもそこに悪意がなければ、許してくれる。例えば、フードが不十分で栄養が足りない犬がいたとする。そんな状態でも、’飼い主がよかれと思ってやっている。栄養が足りないことに気がついていない状態’であれば、犬は人間に怒りをおぼえない。
でも、’面倒くさい’とか、’もったいない’といような気持ちで、わざとフードを少なめに与えているとしたら、犬もその飼い主に怒りや恨みをおぼえたりする。

なるほど、という感じですね。広島の犬達にも、トラウマが残りそうですね。

今回の事件が、どのような背景の下で起こったのか、よくわかりませんが、今私達にできることは、生き残っている犬達が良い人に引き取られて、これまでの分まで十分にケアをしてもらえるように祈ることです。
犬達が、人間を嫌いにならないよう、傷が早く癒えるよう、愛のエネルギーを送ってあげることです。

また、少しばかりですが、ボランティア団体に送金をしようと思っています。
多くの犬がメディカルケアを受けることができるよう、お金が必要なんだそうです。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高野山での出来事

高野山の宿坊での出来事です。

私のデジカメがいきなり調子が悪くなりました。スイッチをoffにしても、勝手にonに戻ってしまうし、撮影しようとしてもシャッターが押せなかったりするし。
「旅行1日目なのに、どうしよ~?たくさん写真撮りたかったのに・・・そういえば、夫がこのカメラ調子が悪いから新しいの買おうって言っていたなあ。」
なんて、思いながら、カメラを直そうと悪戦苦闘していました。

その時、以前、教えていただいたあることを思い出しました。
「機器類の調子が悪くなるのは、エネルギーが原因のことが多い。PCやTVが調子悪くなったら、そこからエネルギーを抜いてごらんなさい。」
実は私は、この教えを結構実践しているのです。自分のPCが調子悪くなったら、そこから他人のエネルギーや、私自身の重たいエネルギーを抜くのです。すると、PCも元の通りに動き始めるわけです。

そこで私は、カメラをヒーリング。
カメラからいろんなエネルギーを抜きます。高野山という神秘的な場所で、たくさんの気をもらっていたようです。
2分くらいすると、カメラが静かになったのがわかりました。
「これでOK.」
と感じ、しばらくして試したら、元通りになっていました。

皆さんも、身の回りの機器の調子が悪くなったら、「そこから余分なエネルギーを抜く」イメージをしてみてください。イメージでよいのです。
本当に効きますから!

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しいお水飲んでいますか?

’水はエネルギーを吸収し、記憶する物質である’ということはよく知られています。
海や川の汚染が懸念される中、’水’に対する私達の意識も変わってきています。昨今のミネラルウォーターの種類の多さが、それを物語っていますよね。
科学者による水の研究も盛んに行われ、’水は導引性に満ちている。’気’をも伝え、人間の感情によって影響を受け、質が変わる。すぐ近くにあるものの情報を記録する’と言われています。

水の導引性を研究している人はとっても多いそうです。ある日本人の科学者は、様々な絵や文字の隣に水を置いて、その結晶を写真撮影していたそうです。
それによると、’愛と感謝’という文字の横に置かれた水の結晶がもっとも美しかったそうです。

これは実践してみない手はないですね。
’愛と感謝’と書いた紙を用意して、水を飲む前にその紙の横においても良いでしょうし、コースターを自作するのもよいでしょう。
私は、水をいただく前に、’愛と感謝のエネルギー’を水に入れています。
簡単でしょ?
そうイメージするだけでよいのです。

そして、大切なのは自分自身に’愛と感謝のエネルギー’をそそぐことです。
人間の体は多くの水分を持っていますから。瞑想の仕上げにこのエネルギーを浴びると、とっても平和で満たされた気持ちになれます。ぜひお試しください。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅行記-伊勢

最終日は伊勢に向かいました。目的地はもちろん伊勢神宮。私にとってはじめてのお参りです。

江原さんの本に、こんなことが書かれていました。
’伊勢はすべての日本人にとって、とっても大切な場所。この地を訪れずして、聖地巡礼の旅をしたとはいえないでしょう。’
確かに、昔から、一生に一度は伊勢を訪れ、伊勢神宮にお参りしたいと多くの人が憧れていた地ですので、日本人にとって、伊勢は特別な意味を持つ地なのでしょう。

実際に私も伊勢神宮の地を歩いているうちに、何となく’自分は守られている。ここにいれば安心なんだ’という気持ちになってきました。
そんな気持ちを味わっているうちに、友人ひろみちゃんと私の口から出てきた言葉は、
「日本は素晴らしい国だね。日本人に生まれてきたのには大きな意味があるね。」
というもの。
言葉ではうまく説明できませんが、日本最高峰の神社と呼ばれる伊勢神宮の神々しさ、そして広大な癒しとパワフルさが調和した’気’に接した末に、自然とおぼえた感覚、という感じです。

また、敷地内を流れる五十鈴川のエネルギーの清々しさにも感動しました。時間があったら、川沿いを歩いて瞑想したかったです。きっとヴォルテックスがあると思いますよ。

ところで、この日は、すっごい強風でした。前日まで、土、水、火、木のパワーをもらいましたが、最終日に’風’のパワーをもらい、不要なものを吹き飛ばしてもらったように思いました。自然の恵みにまたもや感謝!

絶対にまたこの地を訪れよう。
そして、ゆっくりと時間を取ってみよう。
そんな思いを胸に、私の旅は終わりました。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅行記-熊野

高野山泊の翌日は熊野方面へ移動しました。この日の朝も雨降りで、霧の山中をバスがゆっくり進みます。

熊野に到着したのは、お昼近くになった頃。
熊野は、「神仏習合」の聖地として、宗教的なこだわりを持たず、八百万の神々を受け入れてきた場所です。
日本全国に浄土信仰が広がってからは、熊野こそが’浄土’とされ、多くの人がここを訪れたそうです。その賑わいぶりは’蟻の熊野詣’と言われたそうです。大昔から、多くの人が、この世の浄土を体験し、自分の来世のために祈っていたと思うと、感慨深いものがありますね。

ここで訪れたのは、熊野三山と呼ばれるところ。
熊野本宮大社(全国に多くの’熊野神社’がありますが、その総本宮です。)、熊野速玉神社(ハヤタマジンジャ)、熊野那智大社です。いずれも世界遺産に指定されています。

あれだけ降っていた雨も昼頃にはすっかりあがっていました。速玉神社では、こんなきれいな写真を撮ることができました。

Hikari 雲間から伸びる一筋の光が美しいでしょ?
真っ青な空、まぶしいばかりの緑、朱色の社殿のコントラストがなんとも美しかったですよ。

Taki_1 また、那智では有名な滝を訪れました。 前日までの雨のおかげで、水かさが増し、とっても迫力のある滝を拝むことができました。
’水’には、浄化作用があるといいますが、この滝の風景と、’音’を聞いていると、まさに何か洗い流されるような感じがしました。

その後、熊野古道・大門坂の石畳をひたすら歩きました。樹齢800年というような杉木立の中の散策。マイナスイオンをたっぷり吸収できたようです。 Sando

この日の宿泊場所は、串本という海沿いの温泉街。
’橋杭の岩’を見に行くと、ちょうどそこにはまん丸くって、きれいな月が。この日は中秋の名月でした。その美しさに、時間を忘れて見とれていました。

Tsuki 夜もずっと表に出て、波の音を聞きながら、月光浴を楽しみましたよ。

自然の美しさを堪能した1日。

雨や滝、水のパワーで浄化され、山の土のパワーでグラウンディングを強め、木々の緑で癒され、日光・月光の火のパワーで充電!
そんな1日でした。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (1)

旅行記-高野山2

昨日の続き。

慈尊院を出た私達は、バスで高野山に向かいました。緑しかない山の中のくねくねとした道をひたすら登っていくと、高野山の町(標高900メートルの山の上の盆地)に辿り着きます。まるで空中都市みたい。
ここには117ものお寺があり、人口3,000人中1,000人がお坊さん、というまさに信仰の町。比叡山延暦寺、恐山と並んで、日本三大霊場のひとつなんだそうです。世界遺産にも登録されています。

高野山は、約1,200年前に弘法大師(空海)によって開かれた真言密教の修行場です。ここには、名だたる僧侶達、武将達が訪れて修行された記録が残っているそうです。
現在でも、霊能者と呼ばれる人達がここで勉強されたり、角界の著名人もお参りにいらっしゃるそうです。(長嶋さんは、夢で’お参りにこい’と告げられた、といって、お見えになったそうですよ。)

私達は、弘法大師御廟のある奥の院に向かいます。大師様が、今でもこちらにいらして、人々を救い続けてくれている、と信じられている場所です。
奥の院参道をひたすら歩きます。杉の木とお墓に囲まれた道です。
お墓は、豊臣秀吉の墓から、太平洋戦争の戦没者の墓、韓国の方の墓、会社の墓(仕事中に亡くなった方などのために会社が建てた墓。有名企業のものがたくさんありました。)と、宗派、国籍関係なく、たくさんの方が供養されていました。

墓の中を通っていくなんて・・・・と思うかもしれませんが、ここのエネルギーは全く重くなかったです。むしろ、爽やかな気を感じたくらい。信仰の町で、霊がゆっくりと休まれているのかもしれません。
それと、木々のパワーがすごかった!樹齢900年、なんていう杉の木もあり、自然のスピリットを感じましたよ。
この参道、また歩いてみたいと思うような場所でした。

奥の院に到着。この日は、雨が降っていたのですが、この時にガイドさんが嬉しい言葉を。
「皆さん、幸運ですわ。弘法大師様は、雨の日にはここにいらっしゃって、晴れの日は旅に出ているー、言われてますねん。だから、今日は皆さん、大師様にお目にかかれますわ。」
素直に喜び、お参りさせていただきました。
約1,200年前に、弘法大師様が入定(高位の僧侶・聖人が亡くなること)された場所にお参りするのです。今でも、大師様はそちらにいらっしゃると、信仰者は皆信じていて、日に2度、大師様用の食事が運ばれるそうです。

さて、高野山というこの地ですが、とても静かで、かつ厳かな気を感じることができる場所です。イタリアのアッシジに似たエネルギーだと思いましたよ。
両方とも、信仰の町として、何百年も巡礼の人々が訪れている場所なので、独特のエネルギーを持ち続けているのでしょうね。
私にとって、間違いなくパワースポットです。
絶対にまた訪れて、次はゆっくりと時間を取りたい、と思いました。

その日は、高野山の宿坊に泊めていただきました。高野山にはホテルや旅館がないので、滞在する際は宿坊泊となります。若い見習いのお坊さん達が、料理を作ってくれたり、布団を敷いてくれたり、甲斐甲斐しくお世話してくれます。夕ご飯には精進料理をいただき、ゆっくりと平和な気持ちで就寝しました。

翌朝は早起きして、お寺の’朝のおつとめ’に参加させていただきました。
お坊さん達の後で、お経を聞いているのですが、「ご先祖様と一緒にご参加ください。」と言われ、亡くなった祖父母達のことを思い出しながら、参加させていただきました。先祖孝行させていただけたような、幸せな気持ちになりました。30分のおつとめでしたが、あっという間に感じました。
とっても貴重な時間でした。

朝食後、私達は熊野に向かいました。続く・・・

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅行記-高野山

2泊3日で高野山・熊野・伊勢神宮をまわってきました。その旅の様子を少しづつ紹介していきます。初日の今日は高野山編。高野山といえば、弘法大師が開かれた真言密教の霊場。今では世界遺産にも登録されています。

まず、女人高野として知られる高野山の玄関口、九度山・慈尊院(世界遺産)へと向かいました。ここは、弘法大師のお母様の菩提寺です。

Jisonin もうかれこれ1,200年近く昔のことになります。
弘法大師が高野山を開かれてから、すでにご高齢だったお母様が彼に会いに、わざわざ香川県から、ここ和歌山の高野山のふもとまでやってきたそうです。でも、当時の高野山は、女人禁制。母親とは言え、入山することは許されず、この地にとどまりました。
それを知った弘法大師は、お母様に会うために、月に9度、歩いて片道6時間はかかるこの地を訪れたそうです。(そのため、ここの山は九度山と名づけれたそうです。)お母様の死後、お母様の御霊を慰めるために、ここに安置されたそうです。

このお寺、小さくはありますが、とっても’気’が優しい場所でした。お母様がまつられているだけあって、女性的な気の場所。ここでゆっくりと過ごしたい、と、思いましたよ。

住職さんのお話を聞くことができましたが、私達が行った5日というのは、お母様の月命日であり、とっても意味がある、とのこと。このお寺では、’5日’に、いろんなことが起こっているそうです。現在でも5日を選んでおまいりされる方が多いそうです。

もうひとつ、このお寺で動物好きの私にはとっても感動的なお話をうかがうことができました。このお寺に、’ゴンちゃん’という犬がいたそうです。元は野良犬だったゴンちゃんですが、縁あってここの住職がゴンちゃんの面倒を見始めてから、ゴンちゃんは大活躍をするようになったそうです。

ゴンちゃん、ある日突然、この慈尊院から歩いて高野山奥の院まで進む参拝者の道案内をし始めたそうです。片道6時間はかかる山道です。
実際に案内された人の話によると、ゴンちゃんは、お客様の数十メートル先を歩き、時々振り返っては、参拝者の様子を見ながら進んで行き、蝮などが現れると追っ払い、崖など危険な道に差し掛かると、吠えて、人間に注意を促したそうです。
ゴンちゃんに案内された人は誰も彼も喜び、そのうちの1人は住職にお礼を述べただけでなく、テレビ局に手紙を書き、高野山までの先導犬として、ゴンちゃんはテレビの取材まで受けたそうです。

なんとこのゴンちゃん、27歳まで生きたそうです。犬の平均寿命の約倍で、人間でいうと150歳です。弘法大師が高野山を開いた時に、犬がその場に大師を案内した、という言い伝えもあり、今ではゴンちゃんも、その伝説に関連付けられ、神秘的な犬として語られているようです。

Gonchan これが数年前に亡くなったゴンちゃんの慰霊碑。
弘法大師の隣に座っています。

Kaikun_1 この子がゴンちゃんをお父さんのように慕っていたらしい、二代目犬カイ君。
近づいて声かけましたが、知らん顔で寝ていました。

小雨の中、とっても優しいエネルギーを味わい、なごり惜しい気持ちで、慈尊院を後にします。目指すはいよいよ高野山奥の院です。

長くなってので、続きは明日。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜ人は破壊的な感情を持つのか

Book_0310artisthouse 11月にダライ・ラマ法王が来日されるので、講演会に行くことにしました。
その前に、法王の本を何か読んでおこうと思って手にしたのが、この1冊です。

「人間はなぜ破壊的になるのか?そして、それをどうすれば制御・克服できるのか?」というテーマで、精神哲学、心理学、神経科学、仏教学の専門家達が、ダライ・ラマをまじえて議論し、その内容をダニエル・ゴールマン(「EQ-こころの知能指数」の著者)が記録した本です。

人間の様々な感情を、いろんな角度から科学的に、あるいは仏教の観点から分析している1冊です。

私が特に関心を持ったのは、’瞑想’を使っての実験がなされ、瞑想によって、人間の脳がどのような変化を起こし、それが人間の行動をどう変えていくか、という実例がいくつも示されていたところです。

例えば、瞑想の達人の脳波が、様々な外的条件に合わせてどのように反応するか?それが周囲の人にどのような影響を及ぼすか?という実験結果。

ある会社の社員達を二分して、’瞑想を教えてもらって週数時間瞑想していたチーム’と、’瞑想をしていないチーム’に分けてしばらく、その状態を続ける。実験終了後にインフルエンザ・ワクチン接種をしてみると、瞑想をしていたチームの方がワクチンに対して強い免疫反応を示していたという結果。(つまり、免疫性が高まったということ)

などなど、仏教修行のひとつである瞑想を科学的な実験に使っているのが、とてもおもしろかったです。結構難しい部分もありますが、心理学に興味がある人にとっては、’興味深い’1冊となると思います。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

遠隔ヒーリング

昨夜のこと。セッションを終えて携帯電話をみると、1件のメッセージが残されていました。昔なじみの女性からでした。メッセージを聞いてみると、
「夫の体が急に動かなくなった。何かが自分の体に座っているようだと言っている。ようやく布団に寝かせたけど、体が板のようになっている。とても痛がっている。明日にでもこっちに来て、みてもらえないだろうか?」
という内容でした。

早速彼女のご主人の透視をしてみました。
まず感じたのは、彼女が言うほどに’おおげさ’な状態ではないこと。
次にハッキリ見えたのは、腰に挿された大きなエネルギーのコード2本でした。コードを挿している主は、電話をしてきた知人本人(彼にとっては奥さん)と、息子さん(すでに成人)でした。
2人は、家主である彼に経済的にも、精神的にも、あらゆる点で頼り切っていて、彼が家族間のこと全てを一手に引き受けている様子が見えました。それが彼を重くしていたのでした。

彼のハイヤーセルフにコンタクトしてみて、’コードを抜いていいか?’と聞いてみます。OKが出たので、抜きました。その後、簡単に彼のエネルギーに対しヒーリングを行いました。これでだいぶラクになっているだろう、と、思い、今日を待ちました。

案の定、朝一番で彼女から電話がありました。
「昨日は心配かけてゴメンね。彼ね、今朝は何事もなかったかのように、普通にご飯食べて、仕事に行ったわ。」
とのこと。ひとまず、安心したようですが、彼女や息子さんがいろんな意味でもっと自立しないと、彼自身も必要以上に頼らせないようにしないと、また同じようなことが起こらないとも限りません。

ともあれ、久しぶりに遠隔ヒーリングをする機会を得て、その結果を見ることができました。私にとって意味のある経験となりました。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私のリーディング体験

8月15日にもちょっと書きましたが、今日も私が受けたリーディング体験をご紹介。
思い起こせば、私は3名の透視リーダーに「あなたはヒーラー。」と言われました。

私が「ヒーリングとかリーディングを習おうかなあ?」と思い立った位の頃、アメリカのバーバラ・ブレナンヒーリングスクール主催のセミナーが都内で開かれることを知り、それに参加しました。会場で、バーバラ・ブレナンさんと一緒に来日していた、彼女の学校の先生が、数人に個人セッションを行ってくれることを知り、「おもしろそう。」と、申し込みました。
そのセッションで、「自分の天職を知りたい。」と私が言うと、彼女から私のこれまでのキャリアを尋ねられ、説明しました。すると彼女は、こう言いました。
「あなたがこの先ずっと、その仕事をしていくようには私には見えない。私に見えるのは、あなたがヒーラーになっている姿ですよ。人を癒している姿ですよ。」
その時の私は、’ああ、やはり今の仕事は違うんだなあ。私は無理をしながら生きているんだなあ。’と、自分の心の奥にあったものを自分で理解できたように感じ、とても癒されました。

次はレバナ先生。彼女のクラスに通って、そろそろ卒業という頃、先生によるエネルギーチェックの時間が設けられました。その時に生徒はいくつか先生に質問できることになっていました。やはり私が自分の天職を聞くと、先生は’は?何言っているの?知っているでしょ?’というような感じで
「あなたは、過去世で何度も何度もヒーラーだったのよ!」
と、一言言われました。その瞬間に、私の手にエネルギーが集中するのを感じ、’ああ、もっともっとヒーリングをしていきたい。’と感じたのでした。

最後に、もう1人のスピリチャルな師、アカシックレコードリーダーの第一人者、ゲリー・ボーネルさんの個人セッションを受ける機会を得た時のことでした。ゲリーさんは、私を見るなり、「あなたはヒーラーですか?」と、おっしゃいました。彼曰く、「あなたのエネルギーはヒーラーのエネルギー。ヒーラーになる!と言ってこの世に生まれてきている。過去世で何度もヒーラーだった。それも並ではない偉大なヒーラーだったんだよ。」だそうです。
この時に、私は自分の今世の目標を確認しただけでなく、パワフルになるために今後の課題をもらった思いがしました。

リーディングを受ける度に、私の中で何かが起こりました。
癒されたり、パワーを感じたり、自分の次なるテーマができたり・・・・
「私がヒーラーである。」ということは、少なくともレバナ先生に指摘される頃には、私の中ですでにわかっていたこと、過去世で何度かヒーラーだったことも知っていましたが、それでも、どこかで確信を得たい自分がいました。(自分のことや、自分の家族をリーディングするのは難しいのです。中立になれないので。)
リーディングを受けることは、イコール私自身がシフトしていくきっかけとなってくれました。

私も皆様のシフトのお手伝いをさせていただきたい、そんな気持ちで、リーディングをさせていただいております。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »