« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

こんなところにまでスピリチャル?

私の大好きなIL DIVOのメンバーの1人、セバスチャンのGFの写真がネットで紹介され、熱狂的なセバスチャンファン達が様々な反応を示していらっしゃるようです。

ファンの1人がこんな書き込みをしていました。
’彼女は、前世でとっても良いことをしたから、現世でセバスチャンのGFになれたんでしょう。前世で頑張った分、現世でご褒美をもらっているんでしょう。(なあんて、オーラの泉の見すぎ?)’

いやあ、こんなところにまでスピリチャルブームが見られるようになったんですね~。
彼女のラック(ファンからしたら大幸運!)を自然と前世に結びつけ、堂々と発言できる人がいるなんて、おもしろいです。

実際に彼女が前世でどんなことをなさっていたかわかりませんが、前世でもセバスチャンと何らかの縁があった方であることは間違いないのではないかと思います。
でも彼女が幸せかどうか、それはわかりませんよね。スターのGFでいる、ということはもうそれだけでストレスフルなことであるような気もします。多くの人からの、羨望や嫉妬の気にさらされるわけですから。

有名人の離婚が多い理由は、そういったファンの気にやられるから、というような話を聞いたこともあります。

レバナ先生もこんなことをおっしゃいました。
「有名人は、実は大きなカルマを背負っていて、そのカルマを解消するために、’多くの人を癒す’という役割を果たしている人も多い。」

表面的な華やかさだけで、人の幸せは判断できませんよね。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢が変わった?

体外離脱の訓練の途中経過です。

週末、ゲリーさんは皆に向かってこんなことをおっしゃいました。
「体脱の練習をするようになって夢が変わったのに気がつきましたか?」
私、思わず、頷いてしまいました。

ある日から、私の夢はとてもリアルになりました。
一番印象的な夢は、’私が家の中を歩いていて、トイレに行こうとします。トイレの明かりを点けようとすると、電気がショート。いやだなあ、と思っていると、誰かに腕をつかまれます。おそるおそるその人の顔を見ると、意外に小さくて、漫画のキャラクターみたいな顔をした人’というもの。そして私は、その瞬間に起きました。

その後、しばらく、腕をつかまれた感覚が残り、その小さい人の顔はいまだに鮮明におぼえています。

ゲリー氏はこうおっしゃいました。
「リアルな体験をしている時、体脱していることが多いけど、ほとんどの人が夢だと思うんだよね。」

私のこの経験も、きっと体脱だったのでしょう。
では、私の腕をつかんだのは?
それは、今となってはわかりませんが、私のガイドなんじゃないか、と思っています。ガイドが’そろそろ体に帰れ’と、サインをくれたような気がしています。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年は?

週末は、ゲリー・ボーネル氏のイブニングセミナーに行ってきました。ゲリーさんがアカシャ(人類の意識が誕生してから全ての記録を持っている場所)にアクセスしてリーディングされた2007年の予言を聞いてきました。

その場でのお話をどこまで情報開示していいのかわかりませんので、具体的な内容を紹介するのは控えますが、2007年はそれほど悪くない年、という感じです。
自然災害なども避けられないようですが、目覚しい程のテクノロジーの進歩も見られるようで、楽しみな部分も大きいです。

私達個々としては、’悪癖をやめる年’とおっしゃっていました。
’これを本当はやめたいけど・・・・。でもやってしまう。’というような性癖のある方は、今年中にやめるように、とおっしゃっていましたよ。2008年になると、手放すのがもっと大変になるようです。喫煙、飲酒癖、依存症、カフェイン摂取過多、浪費癖、などなど。
’実はやめた方が良い’と思っているものがある方、決意の時ですね。
同じ習慣でも本人に葛藤がまるでなく、その状態を楽しんでいる場合は、これに当てはまらないようです。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

似たもの同志の話

人はよく「自分と似た人とくっつく」と言われますよね。その原理をよく理解するために、こんな例題はいかがでしょう?

私達は’本が買いたい時’に本屋に行きます。買いたい本がないけど、なんとなく時間ができたから本屋に、という人は、基本的に本が好きだから本屋に行くのでしょう。本が嫌いで買いたい本もない人は本屋には行きません。
そして、その本屋に集まってくる見知らぬ人達も、私達と同じ。本を買いたいと思っているか、本が好きだから、という理由でそこにいるわけです。私達と同じ趣向を持っている人、とか、同じ欲求を持っている人、と言えますよね。同じ種類のエネルギーを持って、集結した、とも言えますよね。

人間関係でも一緒。
’私は孤独’を思っている人はやはり同じように’自分は孤独’と思っている人とひきつけあいます。
自分に自信がない人は、やはり自分に自信がない人とくっつこうとします。

ただ、表現方法が人によって異なるので、’あの人は私にはないものを持っている’と思って誰かにひかる、ということもあります。でもその人の奥の部分をよく見ると、自分との共通点が探せたりするものです。
そんなことを考えながら、周囲の人を観察してみるとおもしろいですよ。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物もエネルギー

ついつい食べ過ぎてしまう時って誰にでもありますよね。食べている時は夢中なんだけど、後で悔いたり、自分を責めたりして。そんな時、私達は私達に生存のパワーをくれている食べ物に感謝できていないような気がします。

何かを食べる時、感謝の気持ちを持つことができれば、それはとっても良いエネルギーとして私達の体を作ってくれるように感じます。

私は、食欲が旺盛になりがちな時、早食いしそうな時、こんなことを考えるように心がけています。
「この食べ物が私の口に入るまでにどれだけの人の手を経てきたのだろう?」
と。
例えば、キャベツひとつとってみても、農家の方が何ヶ月もかけて面倒みて育て、その後農協か何かを通じて出荷の準備がされ、八百屋さんが購入されて値段を考えてお店に並べて・・・・・
なんてことを考えてみるわけです。実に多くの人が、私達の口に入るもののためにエネルギーを使ってくれていることがわかります。
そうするとおのずと、食べ物ひとつひとつに感謝の念をおぼえて、じっくり味わって食べよう、と思うようになります。

食べ物もエネルギー。そんな気持ちでいただくと、良いエネルギーを頂戴できるように感じますよ。

ちなみに私の先生は、こんなことをおっしゃいました。
「必要なものを必要な分だけ食べなさい。人は体より目で食べたがるのです。」
確かにね~。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金はエネルギー

お金ってエネルギーなんですよね。
私達が何かを買う時、外で食事をする時、何らかのサービスを受ける時、エネルギーを交換していることになります。

IL DIVOのコンサートに行って、思ったこと。
私が払ったチケット代は、正規の\10,500。コンサートの質の割に安い!と思いました。
良い席なんかはネット上で\300,000以上で売買されていたとのこと。払った人がお金持ちなのか、誰かに借金してまでお金を捻出した人だったのかはわかりませんが、その人にとっては、それだけの価値があるものだったんですよね。
だから、そこで、正規価格の30倍のお金と、IL DIVOのコンサートを素晴らしい席で堪能する、というエネルギー交換が行われたわけです。その人はきっと\300,000分コンサートを楽しまれたことでしょう。

一方、最近良くニュースで取り上げられている’子供の給食費未納問題’!裕福な家庭でも払わなかったりする、とか。
これは、’エネルギー交換’を拒絶していることになりますよね。子供は給食を食べるけど、その代価が払われない。一見、エネルギーを一方的に受け取っている未納の親達が得しているようにも思われますが、本当にそうでしょうか?
ここで、給食費をケチったが故に、本来自分が得ることができたであろう’もっと大きなエネルギー’を取り逃がしているかもしれません。

普段の買い物や、どこかで何らかのサービスを受けてお金を払う時に、’これも全てエネルギー’と思ってみると、お金に対する価値観ってかわってきたりしますよ。
ぜひお試しください。

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »