« 遠隔ヒーリング クライアントさんからの声 | トップページ | オーラ写真 »

ドリームヒーラー

ドリームヒーラー」を読みました。表紙は、16才で最高レベルのヒーラーと呼ばれるようになったカナダの少年、アダムの写真。北米に行ったらその辺りでコーラでも飲みながらGFと腕でも組んで歩いていそうな、普通の男の子。

でも、人は見かけによらない!
彼には小さい頃からオーラが見え、強すぎるエネルギーを持つために彼の周囲では物が飛び交っていたそうです。
そんな彼が、病気に苦しむお母さんをどうにか助けたいと思ったところから、自分の力をヒーリングに使い始め、良い先生に出会うことでエネルギーをコントロールしていく方法を学び、その力を多くの人のために生かしていくことになった過程が紹介されています。また、ヒーリング中に彼がどのように人の体の中を見て、どのように変化を起こしていくか、とても興味深く描写されています。

彼は遠隔ヒーリングをメインに行っていたのですが、遠隔ヒーリングがなぜ可能であるかを量子力学の点から解説しています。

地球上であろうと宇宙の星であろうと場所に関係なく、どんな物体も自身の量子ホログラム、あるいはイメージを放っている。すべての粒子は基本的に他のすべての粒子とつながっていて、量子情報の場では、すべての情報と知識にアクセスすることが可能である。
量子レベルでは、1つの同じシステムを形成する2つの粒子の行動は、距離が離れていても同時に起こる。2つがどんなに離れて見えようが関係はない。これを「非局所性」と呼ぶ。僕はヒーリングの時、非局所性の情報メカニズムであるその人の量子ホログラムとつながり、意図的にその人の体に情報を送り、体に変化を起こさせる。健康状態がよくなると、それが量子ホログラムにも表れる。癒そうという僕の意思と健康になるたいという相手の願いがあれば、実際にこれでよい結果が得られるのだ。

アダムは今20才。博士号を取るべく大学で勉強しているそうです。
「将来、自然療法医となり、代替療法と従来の医療を統合させたい。僕のやっていることはいずれ科学で証明されるようになると思う。」

何とも頼もしい若者!
ヒーラーさん、あるいはヒーリングに興味がある方におすすめの1冊です。


追記:この本の中に、アダムが癒したロックスターのお話が紹介されています。そのページを読んでいた時、隣でDVD鑑賞をしていた夫に「ねえ、○○ってロックスター知ってる?」と聞いてみました。すると夫は「知ってるよ。この人だよ。」とTV画面を指差しました。
ちょうど夫が観ていたDVDの中でプレイしていた人が、まさにアダムが癒したロックスターだったのです。アダムの本は、こんなシンクロニシティをも私にプレゼントしてくれました。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。アダムすごいなあ、と思われた方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

|

« 遠隔ヒーリング クライアントさんからの声 | トップページ | オーラ写真 »

「ヒーリング」カテゴリの記事

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/6039772

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームヒーラー:

« 遠隔ヒーリング クライアントさんからの声 | トップページ | オーラ写真 »