« WS体験記1 | トップページ | WSでの収穫 »

WS体験記2:感動のフィナーレ

WS2日目のブリージングでは葛藤を手放すことにフォーカスしましたが、3日目は、まずは、自分のパワーを持つことを目的にブリージングが行われました。何も手放さずに、自分の力を感じて、それが体の中を動くのを感じるのです。大きな’気’の流れがわかり、とっても気持ち良かったですよ。
ブリージングを終え、リラックスした状態で、「あなたの聖なる魂の名前を聞きなさい。」と指示されました。
じっと耳を澄ましていると、どこからともなく、

’ポン’

と軽快な音が聞こえました。

「え?これが魂の名前?近所の犬と同じじゃん。」

なんて思っても、次に聞こえてきたのも同じ音。ふ~む。

後にゲリーが言っていましたが、「魂の名前は、私達が普段使っているような名前ではなく、’サウンド’である場合が多い。ひとつのサウンド、あるいは2つのサウンドが組み合わさったようなものがほとんど。」とのこと。
やはり、私の’ポン’は魂の名前なのかしら?
もう一度、自分でブリージングして聞いてみようと思いますが・・・・・・
ちなみに私の友人は’鐘の音’を聞いたそうです。

しばらく休憩した後、またブリージングに入りました。
今度は’悲しみを解放’するブリージング。’悲しみ’といっても、自分の悲しみではありません。
「女性は、世界の子供達の悲しみを。男性は兵士の悲しみを解放しなさい。」との指示。

世界の子供達の悲しみ・・・・・
親を亡くした子の悲しみ、
食べるものがない子の悲しみ、
病気で苦しむ子の悲しみ、
自分は誰にも愛されていないと思っている子の悲しみ、
そんな悲しみを解放するよう、集中しながらブリージングしました。

100名近い人達がいっせいに’子供と兵士の悲しみの解放’にフォーカス。解放の瞬間は、言葉にはできないようなパワーを感じました。エネルギーの塊が天に昇っていくような感じです。その後、体中が熱くなっていきました。自然と涙があふれてきました。

人のためにワークをするのって、本当に素晴らしい。(ゲリーいわく、「人のためにワークすると、それは全て自分の力となる」、とのこと)
特に大勢のエネルギーが合わさると、そこにものすごいパワーが生じます。
うまく言えないけど、「感動的」な体験でした。
自分以外の人、動物、地球を癒すために、皆で力を合わせるワーク!

ぜひまたやってみたいです!!!
ご興味がある方、ご一報くださいね。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。私も誰かのためにワークしたい、と思った方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

|

« WS体験記1 | トップページ | WSでの収穫 »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/6336349

この記事へのトラックバック一覧です: WS体験記2:感動のフィナーレ:

« WS体験記1 | トップページ | WSでの収穫 »