« もうご覧になりましたか? | トップページ | 愛犬との会話 »

’体にいる’ということ

ある若いお母さん、小学生のお嬢さんにどうしてもガミガミガミガミ口うるさく、しつこく説教してしまうのがやめられず、悩んでいらっしゃいました。自分でも、いつも’やりすぎ’と思うそうですが、止められないんだそうです。ご自分がご自身のお母さんにされてきたことを、そのままお嬢さんにしている、というご自覚もありました。

お母さんのガミガミが始まると、お嬢さんはまず、両手で耳をふさぐんだそうです。「聞きたくない!」という気持ちの表れでしょう。でもお母さんのガミガミはとまらない。すると、そのうちに、お嬢さんはコトっと眠ってしまうんだそうです。
「こんなに近くで、しかも大きな声でこっちは喋り続けているのに、なんでこの娘は寝れるのかしら?」と彼女はおっしゃいました。

娘さんはガミガミ言われる時間が苦痛すぎて、体から逃げているんでしょうね

’体から逃げる’って私達の日常でもよく起こっています。
会議があまりにもつまらくて、気がついたら会議の内容が頭に入っていなかった、
友達の話に興味が持てず、あいづちを打ちながらもよく聞いていなかった、
瞑想中に、深く入りそうになったらすぐ寝た、
なんてこと、経験ありますよね?

つまらない時に、意識が別のところに飛ぶだけでなく、’いやだな’’見たくないな’’知りたくないな’など、その状況を拒絶したい時にも、意識が体から逃げていくのですよ。

レバナ先生のクラス中、生徒達はよく寝ました(笑)。
先生のお話が、私達の心の奥深くに入ろうとすると、私達は寝ようとするのです。
心の奥に持っているけど、見たくないもの、認めたくないもの、に触れそうになると、それを見るのを拒絶して、体から逃げようとするのです。
で、先生に
「まだどこにも行かないでーー」
と、注意され、体に戻る、の繰り返しでした。

体から逃げると、一見ラクなんですが、その分、自分のパワーが十分使えない状態を作るし、自分の中にあるものを知るチャンスを逃すことにもなります。知りたくないものもでてくるかもしれませんが、それを知ることで癒されることも多いのです。

起きている時は常時体の中にいる、これが実現できたら、フルに自分のエネルギーを何かに使えることになります。ご自分に対する癒しも起こりやすくなります。
そのための第一歩は、グラウンディングでしょう。自分をシッカリした状態に置くためには、グラウンディングは不可欠です。
つらい時こそ、グラウンディング!
そして、速やかにシフトしていきましょう。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index


|

« もうご覧になりましたか? | トップページ | 愛犬との会話 »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/7060853

この記事へのトラックバック一覧です: ’体にいる’ということ:

« もうご覧になりましたか? | トップページ | 愛犬との会話 »