« リコネクション体験2 | トップページ | Dr.シャー ワークショップ »

Dr.シャー イブニングセミナー

AZUREでのセッション経験者を対象にコミュニティサイトを作りました。ご興味がある方は、私までメールください。「ご招待メール」をお送りします。同じ関心を持つ皆さん同士、自由にコミュニケーションしてください。また、私からの情報発信も行います。こちらに書き込めないようなことも、少しづつ書いていく予定です。
どうぞ、お気軽にご参加くださいませ。

リコネクション2日目のセッションを終えた私は、そのまま帰宅し、犬の散歩をし、急いで渋谷に出かけました。
この日は、Dr.シャーのイブニングセミナーがあったのです。

Dr.シャーは中国人ですが、今はアメリカに活動の拠点を置いているそうです。医師であり、漢方医でもあり、太極拳、気功、易経、風水の師範でもあり、スピリチャルリーダーとして活躍をされている方。知人から「すっごいヒーリングするらしいよ。」と聞き、ヒーラーとして興味津々になった私は彼のセミナーとワークショップを受けることに。

会場には100名ほどの人が集まっていて、皆で立ち上がって拍手でDrをお迎えし、セミナーが開始。
いやあ、Dr、超お元気!
声が大きい!
身振り手振りが大きい!
そして、くったくのない子供のような笑顔!!!(結構かわいい)
全身全霊で瞬間瞬間を表現、ってこのこと?って感じ。

セミナーは、Drの体験談を聞いたり、「魂のうた」やマントラを教わって皆でうたったり唱えたり、まあ楽しくすすんでいきました。

途中でとうとうDrが、待望の「ヒーリングをしてあげましょう。」と言い出しました。「背骨に問題がある人、あるいは腰痛に悩まされている人は前に出てきてください。」とおっしゃると、客席の半分以上の人がこぞって前に出て行かれました。
「せっかくだから私もヒーリングしてもわうわ。」
という人々の気合を感じながら、私はDrがどんなヒーリングをされ、どのようにエネルギーを動かすかに興味があり、席に残って様子を観察することに。

Drのヒーリングが始まると、ものすごいパワーが発せられるのがよくわかりました。彼のヒーリング中、私の第三の目がずっと刺激を受け続けたのです。熱くなったり、ビリビリしたり、まさにその時だけ、その場の’気’がかわりました。
これはすごいかも~。

ヒーリング後、受けた方、1人1人が感想を述べることになりました。最初の5人くらいは、「腰がらくになりました。」「あたたかくなりました。」というようなことをおっしゃていたのですが、その後がすごかった・・・・・・
「私は腰は悪くないの。不整脈で悩んでいるの。だから、治して。」
と、1人のご婦人がおっしゃったが最後、「私は○○を治して欲しいの。」「僕にはこんな副作用があるんです。」複数の方が、いっせいにご自分の病気のアピールをDrに対して始めました。
ひぇ~、ここにいる人、皆、病人?????

確かに、アメリカでは’Dr.のセミナーに出ただけで、歩けなかった人が歩けるようになった’、というような例が報告されているのだそうです。Drの来日の情報は、そのようなエピソードと一緒に広がっていったようで、’だったら私の不調も治るかも?!’という期待を胸に参加された方が結構いらしたのかもしれません。

翌日、翌々日はいよいよDrのワークショップ。
やはり体を治して欲しい人が参加されるのかしら?
私みたいに、ヒーリングを学びたい、ヒーリングのエネルギーに触れたい、という人は少数派なのかしら?なんて懸念を残したまま、セミナーは終わるのでした。

ワークショップのお話はまた今度・・・・

Dr.シャーのHP http://www.drsha.com/

Dr.シャーの書籍 「ソウル・ボディ・マインド療法

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« リコネクション体験2 | トップページ | Dr.シャー ワークショップ »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/8016799

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.シャー イブニングセミナー:

« リコネクション体験2 | トップページ | Dr.シャー ワークショップ »