« どうなる?2008年??? | トップページ | 体脱未遂? »

アメリカで偏見について考えた

Psychic

*クリックすると写真が大きくなります。

フロリダ州キーウェストの’PsychicReading’のお店。
窓から覗くと、大きなアメジストやら水晶が飾られていて、’いかにも’な感じが返って怪しいリーディングサロンです。メニューを見ると、タロットリーディング、クリスタルリーディング、手相、とあります。
この手のお店、結構見かけますので、アメリカのサイキックはこういうお店がお好みかも(?)

キーウェストの話に戻りますが、ここは、ゲイの方達が多いことでも有名です。昼から、手をつないだ男同士、女同士連れをよく見かけます。もちろん、皆大人。
リベラルな町の雰囲気が、まだまだ差別を受けがちな彼らをリラックスさせるのかもしれません。

差別と言えば、義理の父の知人は徹底した人種差別主義者で、特に嫌いなのが’日本人’だと言われたそうです。父の年代なので、第二次世界大戦の経験者。60年前の敵は今でも敵のまま、ということでしょう。
義理の母の友人は、ユダヤ教徒なのですが、3人いるお嬢さんの1人が他教徒の人と結婚したため、とってもアンハッピーなのだそうです。母から見ると、その他教徒の彼は他のお嬢さん達のユダヤ教のパートナー達よりもずっと良い人に思えるそうですが、その友人の方は宗派の壁を乗り越えようとはしない、とのこと。

’自由の国’と言われて久しいアメリカですが、いまだ様々な人種問題がはびこっているようです。
この旅では、特に’偏見’とか’人種’という言葉が家族との会話の中に出てきて、いろいろと考えさせられましたよ。
そんな折、アメリカでは大統領選!
初の女性大統領誕生となるか?アフリカ系アメリカン大統領誕生となるか?
イラクの問題は?社会保障はどうなる?
家族で大統領選について熱くディスカッションを交わしている時、私の意見を聞かれたこう言おうと用意していました。

「アメリカが本当に自由の国なら、そろそろ女性かアフリカ系アメリカンの大統領が誕生しても良い頃だと思う。」

残念ながら、皆、ご自分の意見を言うのに精一杯で、選挙権のない私の意見には関心はないようでしたが。

人種差別は偏見の一種。
偏見とはジャッジメントの一種。
手放せば手放すほど、私たちは自由になれますよね。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« どうなる?2008年??? | トップページ | 体脱未遂? »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/9791946

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで偏見について考えた:

» 第二次世界大戦を知る術は・・・ [第二次世界大戦について]
第二次世界大戦について調べたブログです。出来るだけ 客観性を持って調べてみました。どうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木) 22時12分

« どうなる?2008年??? | トップページ | 体脱未遂? »