« 好きな季節、嫌いな季節 | トップページ | 光っている?らしい »

泣けるお話:夫の体験談

AZUREでのセッション経験者を対象にコミュニティサイトを作りました。ご興味がある方は、私までメールください。「ご招待メール」をお送りします。同じ関心を持つ皆さん同士、自由にコミュニケーションしてください。また、私からの情報発信も行います。ネットでのスピリチャル勉強会も実施中!
どうぞ、お気軽にご参加くださいませ。

現在、コミュニティにてモニター募集中。
お花見メンバーも募集中。簡単なヨガ&瞑想後、お花見に突入予定です。
会員の方、サイトのぞいてみてくださいね♪

日本人はなんだかんだいって感情出すのがまだまだ苦手ですよね。先日は、「泣けない」という方にお目にかかりましたよ。私たちは’人前で泣いたら恥ずかしい’と、プログラムされて育つんですよね。

我が夫が実際に体験したお話の紹介です。夫は今でもこの体験を思い出すと、ウルウルしています。

夫がまだアメリカに住んでいた頃のこと、眼鏡屋さんでの出来事です。
お店には、彼の他に中年のご夫婦がいらして、奥様の方の眼鏡を探していらしゃったようです。しばらくすると、夫は、お店の人が、その奥様にブランド物の派手なフレームばかりをすすめているのに気がついたそうです。彼には、その店員の姿が’眼鏡が似合おうが、不似合いであろうがどうでもよい。できるだけ高いものを売りたい’という風に見えたそうです。更に、中年のご夫婦も、その店員の強引さにおされ気味だったそうです。

店員が、ディオールの、いろんな石がついたりしたゴテゴテしたフレームを奥様にすすめようとしているところを見て、とうとう我が夫はそこに近づき、こう言ったそうです。

「そんなのをすすめるのをやめなさい。彼女には全然似合わないではないですか!」

そして、夫はもっとシンプルなフレームを手に取り、

「こういうシンプルな方があなたには似合いますよ。ちょっと、かけてみてください。
ほらね、似合うでしょ?あなたのきれいな顔形にピッタリですよ。You look beautiful!!You are beautiful!!」

と、まくしたてたそうです。

その数秒後、奥様がワっと声をあげて泣き出されたそうです。

我に返った我が夫、やっと、自分が何をやったかを悟り、焦ったそうです。オロオロしていると、ご夫妻のご主人の方が、夫を部屋の隅に誘ったそうです。

’きっとこのご夫婦は怒っているんだ。自分は確かに余計なことをしてしまった。きちんと謝ろう’

と思いながら、そのご主人についていったそうです。

部屋の隅に行くと、なんとそのご主人も急に泣き出され、こんな話をされたそうです。

「妻は今癌に侵されています。
彼女はこれまでの人生で、他人に’beautiful’なんて言ってもらったことがないのです。でも、人生の最後にあなたのような人が彼女を’beautiful’と言ってくれた。本当に嬉しい。
ありがとう。」

その後、夫も泣き出し、そのご主人とハグし合ってひとしきり泣いたそうです。

感動したり、嬉しかったり、悲しかったりした時、大人であっても、泣きたくなりますよね。それってとっても自然なことだと思いませんか?

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« 好きな季節、嫌いな季節 | トップページ | 光っている?らしい »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~お久しぶりです
ゲリースクールのZHIMEIです
今朝またひとみさんが夢に出てきて悩んで
いる私にアドバイスをくれました(笑)
スランプに陥ると何故かひとみさんが夢に
出てきてアドバイスしてくれるので元気を
もらえます。夢の中まで気配りしていただき
いつもありがとうございます!

それでひとみさんの事が気になりブログを
拝見したら旦那さんの感動的なお話が書か
れていて私まで感動して泣いてしまいました
見ず知らずの方にこんな心に響く言葉をかけ
れる旦那さんってとても素敵な方なんだろう
なと思いました。

またスクールでお会いしましょう!

投稿: ZHIMEI | 2008年3月13日 (木) 10時42分

ZHIMEIさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
私もZHIMEIさんのこと、思い出していますよ。私ってば、夢の中でまでおせっかいやいてすみません。
ZHIMEIさんの暖かいお言葉を、旦那にも伝えようと思います。
では、週末、スクールでお目にかかりましょう。

投稿: AZURE | 2008年3月14日 (金) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/11174710

この記事へのトラックバック一覧です: 泣けるお話:夫の体験談:

« 好きな季節、嫌いな季節 | トップページ | 光っている?らしい »