« ふるさとの味 | トップページ | パッチ・アダムス講演会 続き »

パッチ・アダムス「ひとがひとをケアする喜び」

昨日は、パッチ・アダムスさんの講演会に行ってきました。
テーマは「ひとがひとをケアする喜び」。
パッチ・アダムスさんの名前は、この映画で知りました。

パッチ・アダムス (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】 DVD パッチ・アダムス (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2008/09/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロビン・ウィリアム演ずるパッチは、「笑い」という方法で、多くの病人を癒していくのです。この映画を観た時、最初から最後まで感動で一杯でした。いつか、実在のパッチさんにお目にかかってみたいなあ、なんて思ったものです。

パッチさんに映画のイメージを抱いていた私は、まずは実際のパッチさんがとっても大きい(背が高い)のにビックリ。現在、63才だとおっしゃる彼ですが、なが~い手足をしなやかに大きく動かしながら、とってもパワフルな講演を行ってくださいました。

彼が、独自な形でCAREを考えるようになったきっかけは、まだ学生時代に、’なぜHappyHospitalは存在していないのか?’と思ったところにあったようです。その疑問がきっかけとなり、彼は20名の仲間とコミュニティを作り(うち3名が医師)、そこで12年間も無料で人々をCAREし続けたのです。
彼は、自分の患者さん達にこうおっしゃるそうです。

「僕は、CURE(完治)は約束できないよ。でも、CAREはできるよ。」

と。
CAREは時として、義務やプレッシャーを伴った言葉になりがちですが、人間が大好きな彼としては、とっても自然な行いなんだそうです。

続く

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« ふるさとの味 | トップページ | パッチ・アダムス講演会 続き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/23707477

この記事へのトラックバック一覧です: パッチ・アダムス「ひとがひとをケアする喜び」:

« ふるさとの味 | トップページ | パッチ・アダムス講演会 続き »