« 「ダライ・ラマ 死の謎を説く」 | トップページ | ホセ・カレーラス モーツァルト「レクイエム」 »

あまえんぼう♪

☆★第4回勉強会開催★☆

11月28日(金)18時45分~
テーマ「いろいろ経験してみよう!」

どなたでもご参加いただけます。お気軽にお問い合わせください。

うちのわんこ達はとってもあまえんぼう。1匹をなでると、もう1匹がやきもちやくし、すきを見つけては、私の膝の上に乗ってくるし。
あまえられる私の方も、かわいくて、かわいくて、あまやかし放題しています♪

私は子供の頃、あまえ下手だったんですよね~。
あまえたくても、すぐに「お姉ちゃんのくせに。」と言われて・・・・・・
だから淋しくても我慢して、物分りの良いふりして、そしたら周囲の大人もほめてくれるし、認めてくれたので、それがまだ子供だった私のストラテジーになっていったのです。
そうこうする間に、あまえ下手の分、我慢上手になってしまいました(笑)。

こうして我慢した私の気持ちはどこにいったのでしょうか?
我慢しているうちに、消えていったのでしょうか?
いえ、いえ、「あまえたい」感情は、大人になった私の中に強く強く残っていて、ある時、爆発!あまえさせてくれなかった当時の大人に文句言いたくなったり、大人になってから甘えようとしてみたり。あまえることを許された弟を恨んでみたり、親の代わりに誰かあまえさせてくれないかなあ?なんて探してみたり。
はい、私の中で大きな葛藤となっていました。

「お姉ちゃんのくせに」

は、頭の中ではわかります。
でも、お姉ちゃんも淋しいんだ、ということを、大人は忘れてはいけないと思うんですけど・・・・?
自分にその思いがあるので、私は自分の甥っ子、姪っ子に対し、「お兄ちゃんのくせに」という言葉は一切使いません。
(そして、もうひとつ私が嫌いだった言葉、「女のくせに」「男のくせに」という言葉も使いません。)
子供だから、あまえたいのはあたりまえ。あまやかすのではなく、淋しい時にそばにいてあげる、とか、スキンシップをとってあげる、とか、話を聞いてあげる、とか、我慢させずに、そんなことをしてあげられる大人でいたい、そう思っているのです。

わんこ2匹にも、同じようになでてあげ、同じように話しかけるようにしています。
犬は特に淋しがりの動物。
「犬のくせに」とは言わず(笑)、いっぱい、いっぱい、なでてあげています。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« 「ダライ・ラマ 死の謎を説く」 | トップページ | ホセ・カレーラス モーツァルト「レクイエム」 »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

うちも2匹わんこいるのでわかります。
ちび犬は甘え子で直ぐ膝に乗ってきますが、
老犬の方は自分の番が来るのを
側でじっと見つめて待っています。
私も4人兄弟の一番上だったので、
ひとみさんの当時の気持ちよく分かります。
うちの老犬も同じ気持ちなのかな感じます。

投稿: mao | 2008年11月 5日 (水) 00時53分

maoさん、こんにちは。
4人兄弟の一番上だと、なおさらかもしれませんね。
老犬ちゃんのことも一杯なでてあげてくださいね。
じっと待っているなんて、けなげですよね~。

投稿: AZURE | 2008年11月 7日 (金) 09時54分

私もそうだ。。。自分の子や周りに子供ができたときにその言葉は使わないようにしよう。
今甘えさせてくれる両親その他の人に感謝です!

投稿: YUMIKO | 2008年11月11日 (火) 15時02分

YUMIKOさん、こんにちは。
何気ない一言で子供って傷つき、それを大人になっても持っているのですね・・・・・
ところで、ご両親に感謝できるのって素晴らしいことですね☆

投稿: AZURE | 2008年11月11日 (火) 15時32分

両親や妹、家族にはとても感謝しています。このように思えるようになったのもひとみさんのおかげです。ありがとうございます。

投稿: YUMIKO | 2008年11月13日 (木) 10時48分

YUMIKOさん、こんにちは。
いえいえ、自分が変わろうって決めて、頑張ったからですよ。
素敵な家族関係、これからも築いていってくださいね~。

投稿: AZURE | 2008年11月13日 (木) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/25014456

この記事へのトラックバック一覧です: あまえんぼう♪:

« 「ダライ・ラマ 死の謎を説く」 | トップページ | ホセ・カレーラス モーツァルト「レクイエム」 »