« 意図 | トップページ | アインシュタインの言葉 »

遥かな尾瀬

第8回勉強会を行います。
皆様のご参加をお待ちしております。

尾瀬に行ってきました。スクールの友達がこの近所に住んでいるので、数人でお邪魔させていただき(家に泊めていただき)、しかも案内してもらう、という、何とも虫のいいプランで出かけてきました。

行くまでは、私自身、尾瀬ハイキングをなめていました。
’ハイキング’という言葉を信じ、よくTVで見る’広がる平地に木の通り道’の場所、と思っていました。

Photo ←こんな感じね。ほら、平らでしょ?

ところが・・・・・、
この平地に出るまで、いやあ~、のぼり&くだりを繰り返すのですね。(行きはほとんど下りで、帰りがほとんどのぼり)
結構な急斜面。特にのぼりはハードなんです。
ハイキングというよりは、登山!

しかも、この日は朝から雨が降り・・・・・

Photo_2 カッパ買って、着込んでのハイキングとなりました。
私なんて、登山中に暑くなるだろう、と思い、軽装で行ったら、寒いっ!
上下ともカッパ着ているのに、寒いっ!
友人の1人が、「そんなこともあろうかと思って・・・・」と、予備で持っていたセーターを貸してくれました。ありがた~い。
スクールの友達と出かけると、何かと便利bleah
私が、予備で持参したスニーカーも、他の人のお役に立ったしね。

尾瀬といえば、「夏の思い出」に歌われている水芭蕉を思い出しますね。
水芭蕉の季節は6月なんだとか。だから、6月は一番の観光シーズンなんだとか。
私が行った9月には、水芭蕉の大きな葉っぱを筆頭にcoldsweats01、グリーンが一杯でした。
まもなく、紅葉で、周囲の山々が本当に美しくなるそうです。

Photo_3

きれいな空気を吸いながら、3時間程度のハイキングを終えました。
悪天候だったし、尾瀬が初めての人が多かったので(私もね)、今回は、短時間の探索でした。
でもね、途中で山の神様のお祭りに遭遇して、お神酒やお餅をいただいたんですよ。年に2回のこのお祭りにぶつかるなんて、と、地元のお友達はいたく感激していました。

また春先にでも訪れたいな~、尾瀬。
今度は、ちゃんと山登りの格好して訪れよう。(山となめちゃいかん!)
体ももっと鍛えよう。
で、フルなハイキングコース(約8時間)に、チャレンジしたいなあ~。
他にも、途中山小屋に泊まって、更に奥まで行くコースなどもあるようですよ。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« 意図 | トップページ | アインシュタインの言葉 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ひとみさん こんにちはwink
尾瀬は鳩待峠in鳩待峠outだったのでしょうか?
尾瀬は帰りに山登りになるんで大変
ですよねぇcoldsweats01
私もかれこれ20年(!)程前に、会社の登山部の尾瀬トレッキング
ツアーに参加しました。その時は沼山峠から尾瀬沼をめぐり、温泉小屋で一泊、尾瀬ヶ原を歩いて鳩待峠へというコースでした。一日目は雨の上寒く、まだ雪が残っていて、このままこの草を離したら尾瀬沼へ一直線でざぶーん!という処もあり、精神的にへばりましたが、次の日は快晴sunで、尾瀬ヶ原で見た水面に映る残雪の至仏山は忘れがたい思い出ですshine
ぜひぜひ、水芭蕉の季節に1泊でトレッキングしてみてください! 尾瀬の朝は、本当に本当に美しいです!

投稿: はるみ | 2009年10月 7日 (水) 10時57分

はるみさん、こんにちは。
そうなんです、鳩待峠イン、アウトだったんです。
次回はぜひ、もっと厳しいコースにチャレンジしたい!
水芭蕉の時期は混み合うそうですね。でもきれいだろうな~。

投稿: AZURE | 2009年10月 7日 (水) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/31515606

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かな尾瀬:

« 意図 | トップページ | アインシュタインの言葉 »