« 秋のスイカ | トップページ | 覚醒弁当 »

優しさとおせっかいと

大阪での個人セッション&勉強会を開催します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

友人Aから電話。
共通の知人Bについて、散々グチを聞かさた。

グチの内容は、

「Bは冷たい!」

というもの。

Bはいつも愛想が良く、「どうしたの?」「何かあったの?」「大丈夫?」と、しょっちゅう自分のことを気にかけてくれている様子だった。優しい人だと思っていた。
ところが、いざ、Aがトラブルに巻き込まれて相談すると、Bは

「そんなの知らないよ~。」

という態度を取った、という。

「あの人は優しいんじゃない!単なるおせっかいだったんだわ。」

というのがAのBに対するジャッジメントcoldsweats01

Bからは、いつも「淋しい」オーラが出ている。
Bには、「友達」と称する人がたくさんいるようだが、本当にBと親しく見える人はあまりいない。Bは、あらゆる飲み会だの、イベントに参加したがる。自分で企画もする。1人でいるところをあまり見たことがない。でも、いつも淋しそうに見える。

淋しいから、人にすぐにちょっかいを出すのだろう。
ちょっとしたことで、人に「大丈夫?」と声をかけに行くのだろう。
すぐに新たな知人を作りたがるのだろう。

でも、いざ相手がBとの距離感を縮めようとすると、Bは抵抗する。
Bにはその準備ができていないから。
誰かと強いつながりを持つ準備が。

やはり、共通の友人CがAに対して放ったアドバイスは、

「誰にでも良い顔する人を信じるな!」

一見、とっても過激だけど、確かに、誰にでも良い顔して自分の周囲の’輪’を広げようとしている人は、’広く浅く’の人間関係を作りがちかも。

私からAへの言葉は、

「優しさを期待したのはBじゃなくて、あなたでしょ?」

人間関係から学ぶことは、ひたすら多い。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓

HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

|

« 秋のスイカ | トップページ | 覚醒弁当 »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/31803166

この記事へのトラックバック一覧です: 優しさとおせっかいと:

« 秋のスイカ | トップページ | 覚醒弁当 »