« 百日と半年経過 | トップページ | 明晰夢 »

泣くこと

「涙が止まらない」
という人に、
「どんどん泣くといいよ。涙が枯れるまで泣くといいよ。」
と、言っている私。
一昔前だったら、「泣かないで。もっと前向きに....」なんてことを言っていたのに。

今は、泣きたい、とか、笑いたい、とか、そういう感情を止めることをお勧めしたりすること、ありません。感情は感情。抑えようとしても無理なもの。だったら我慢せずに出してしまう方が自然ですよね?ここで無理矢理抑えても、いつか表に出てこようとするのが私たちの感情ですから。

泣くことは決して悪いことはない。恥ずかしいことでもない。

昔はそんなこともわからなかった。

泣くのは、「弱い人」とか、「負けた人」とか、そんな思い込みがあったから。

でも今は、泣くことと笑うことは、そんなに違うことではないと思っているので、泣くのも平気です。
泣くのも笑うのも、どっちも、エネルギーを出している、ということですからね。
どっちも、感情を外に出す、その表現方法のひとつなんですよね。

その証拠に、人は、’泣き笑い’ということができますhappy01

葛藤を解放するワークにおいて、多くの人が泣きますが、一部の人は大笑いします。そして、後で両者ともに、「スッキリした!」と、言います。
最近話題の笑いヨガにおいて、笑っているはずの人が急に泣き出したりするそうです。そして、やはり最後には、「スッキリした!」と言うそうです。

泣くことも笑うことも自然なこと。私たちの内側を表現してるのです。

そう思えたら、私たちの感情の取り扱いも、もっともっとラクチンになるでしょうね。

泣きたい時には、どんどん泣く。泣きたい人をはどんどん泣かせてあげる。
今、そんなことが大切なように感じます。

HealingRoomAZURE

★最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★

人気blogランキング


|

« 百日と半年経過 | トップページ | 明晰夢 »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

泣くことが恥ずかしいとは思ってないはずなのに、なぜか泣けない時があります。そんな時はエネルギーが流れていないのかも?
感情が自分のなかに溜まってしまっていたからかも。
ふとこのブログを読んでて思いました。

ヴォイストレーニングのレッスンで時々、泣く演技と笑う演技を生徒さんにやってもらうのですが、対極にあるはずの「泣く」と「笑う」がとても似て聞こえることがあり、面白いと思っていたところ笑いヨガの話を聴いてなにかスッと入ってきました。

そんな私も今日すごく落ち込む出来事がありましたが、溜めこまず、早く手放そうと思います。

投稿: ともみ | 2011年5月30日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/40169643

この記事へのトラックバック一覧です: 泣くこと:

« 百日と半年経過 | トップページ | 明晰夢 »