« 人にあげられるもの | トップページ | 動物保護法改正にあたり、パブリックコメント参加のチャンス! »

富士山河口湖音楽祭

いや〜、寒かった〜。

週末は、河口湖まで音楽聴きに行ってきました。

31

(あれっ?写真が縦にならないcoldsweats02

富士山河口湖音楽祭。

今年のメインは、佐渡裕さん指揮によるオルフの「カルミナ・ブラーナ」。オーケストラと100名以上の合唱団と、3人のソリストで構成された演奏でした。タイトル見てもピンとこなくても、さびの部分を聴いたら「ああ、知っている!」と思うと思います。CMや映画に結構使われているメロディです。

佐渡さん指揮の音楽を聴くのは久しぶり。
最近大活躍の佐渡さんですが、もう20年くらい前に、バーンスタインが来日した時に体調が優れず舞台に立てない、ということになり、その時に、バーンスタインのアシスタントだったまだ無名の佐渡さんがピンチヒッターでタクトを取った演奏を、ちょっとした縁で聴かせてもらったことをおぼえています。

佐渡さんをTVで拝見する度に、「音楽が大好きで、音楽を広くひろめたい。」という意図が伝わってきます。そして、その意図の通りに、勢力的に活動されているご様子です。今回の河口湖音楽祭でもしかり。「カルミナ・ブラーナ」で、本格的なクラシック音楽を聴かせてくれた後は、客席と一体になって演奏を、という試みを3曲分もしてくれて、大人も子どもも本当に楽しそうに演奏したり、うたったり、踊ったりしていました。

子どもの頃に、「ベルリンフィルの指揮をしたい。」と文集に書いたという佐渡さん。今年は見事にその夢を叶えられました。
日本のクラシック界に、クラシックに興味がない人まで虜にしてしまうような’カリスマ’が現れたな〜、と、感じているのは私だけでしょうか?


HealingRoomAZURE

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

|

« 人にあげられるもの | トップページ | 動物保護法改正にあたり、パブリックコメント参加のチャンス! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/41303012

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山河口湖音楽祭:

« 人にあげられるもの | トップページ | 動物保護法改正にあたり、パブリックコメント参加のチャンス! »