« お話を聞くこと | トップページ | 「第九」聴いてきました。 »

犬とキシリトール

昨日、一昨日とばたばたと忙しくって、ちょっと疲れ気味。
「今日は良く眠れるぞ〜!」
なんて思いながら、お風呂から出ると、私のバッグの中身が床に散らかされている!

よ〜く見ると、バッグの中に入れていたガムが食い散らかされていました。犯人は、もう決まり。
チビ犬チャーリー。

人間のガムを犬が誤飲(まあ彼の場合、甘い匂いにつれられ’ラッキー。ママに後で怒られるな。ま、いいか。美味しそうだから!’と思いながら食べたに違いありませんが)した場合のケースについて、ネットでチェックすると、’キシリトール’は犬にとって毒性が高い、と書かれていました。今、ほとんどのガムにキシリトールが含まれているので、急いで獣医さんに電話。私が今お世話になっている獣医さんは、夕方から夜中まで診察してくれる方なので、こんな時助かります。

「すぐ連れて来て!」

と言われたので、一旦着替えたパジャマを再度着替えて、獣医さんまで走りました。

すぐに処置していただいて、消化する前にチャーリーは多くのガムを吐き出すことになり、何とか夕べ一晩中毒症状を起こさずに済みました。中毒症状は、2〜3時間で出るので(犬によっては30分後くらいには)、もう今日は心配しなくて大丈夫、とのこと。一安心です。

以前は、キシリトール入りの犬用おやつまで売られていたのですが、数年前、アメリカの方でキシリトール誤飲によって犬が死亡するようなケースが報告されてから、’犬にキシリトールは毒’と言われるようになったみたいです。当然個体差もあって、影響を受けない子は全く受けないらしいのですが、私たち飼い主は、注意していくしかないですよね。
それにしても、バッグの中までチェックされるとは思わなかったよ、チャーリー君!


ホームページ、リニューアルしました
のぞいてみてくださいね。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

|

« お話を聞くこと | トップページ | 「第九」聴いてきました。 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/43370384

この記事へのトラックバック一覧です: 犬とキシリトール:

« お話を聞くこと | トップページ | 「第九」聴いてきました。 »