« 間もなく冬至 | トップページ | 家事も楽しい »

愛猫にヒーリング

日曜に怪我して、8針縫った我が家の老猫ラッキー。

傷口が痛むらしく、日曜の午後から月曜の夕方まで、まる1日以上何も食べなかったのですが、昨日はマグロを食べるようになり、今日は普段の食事も食べてくれました。

日曜から幾度となくヒーリングをすると、その痛みが私の手から伝わってきました。
実は、彼の方から「ヒーリングしてよ。」とでもいうかのように、私に寄ってきて、怪我をした部分を私に何度も向けました。ヒーリングすると、気持ち良さそうにその場に横たわるんですよね。

ヒーリングを重ねると、手から伝わってくる情報もかなり変化していき、
「ああ、ラクになったんだな。」
と、私もほっとしました。
傷口も、順調にふさがってきているような感じで、この調子でいくと、数日後には無事抜糸できそうです。

私は、ヒーリングが大好きで、対面ヒーリングも遠隔ヒーリングも、楽しみながら、そして感謝しながらさせていただいています。
最近では、動物へのヒーリングがそれに加わり、JOYが加わった感じ。
だから、アニマルヒーリングをメニューに加えさせていただいたんですね。これから、たくさんの素敵なわんこや猫ちゃんにお目にかかれるのを、心待ちにしていま〜す。


ホームページ、リニューアルしました
のぞいてみてくださいね。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

|

« 間もなく冬至 | トップページ | 家事も楽しい »

「ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

ラッキーくん怪我していたのですね。
大好きなまぐろのお話とひとみさんのヒーリング受けてとあり安心しました。

うちの三毛猫ゆーりは、数年前脱走した際に前足を怪我し、2・3日に1回位の頻度で消毒診察~2ヶ月ほど通院しました。
しかし、傷口の膿が一向におさまらず、他の動物病院で診ていただいたところ、今回の傷はすぐに縫ったことで菌が充満してしまい骨が腐ってしまっていて、まずは傷口を空気にさらし消毒治療してから縫うケースだったといわれました。
一時は足切断まで検討しましたが、抗生物質と内服治療等で回復しました。
いろいろなケースがあるのですね。

ラッキーくんの回復
ひとみさんのアニマルヒーリングでのご活躍
こころよりたのしみにしています。

投稿: もりりん | 2011年12月21日 (水) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/43459428

この記事へのトラックバック一覧です: 愛猫にヒーリング:

« 間もなく冬至 | トップページ | 家事も楽しい »