« 自分にやさしく | トップページ | 明晰性 »

弥勒菩薩を写仏

昨日は近所の深川不動尊の写仏修行に参加してきました。

昨日のテーマは弥勒菩薩。

まずは若い僧侶による講話で、弥勒菩薩とは?というところからお勉強。弥勒とは、サンスクリット語で「マイトレーヤ」。意味は「慈愛に満ちた者」だそうです。
仏陀の後継者として、将来は如来になられることを約束された存在なんだとか。

ちなみに如来の意味は、「真理の世界から来た者」で、本来は釈迦如来を意味し、仏陀、仏と呼ばれているそうです。

弥勒菩薩というと、広隆寺の半跏思惟像が有名ですね。あの仏像の美しさは何度見ても感動的です。
でも、半跏思惟像というのは、実は修行中の弥勒菩薩のお姿なんだそうです。’生命ある者全てを救済できるようになるために修行されているお姿’なんだそうです。
弥勒菩薩の座像が、如来となられたお姿だそうで、確かに座像の方は、冠を冠られたり法灯(お釈迦様の骨が入ったもの)を持たれたりしているんですよね。

美しい弥勒菩薩のお姿の写仏修行、私にとっては本当に心静かに集中できる時間でした。
アカシックレコードリーディングを更に深く極めようとした時、集中力のワークが必要になったりするのですが、私にとっては、この写仏の時間がそれに該当するなあ、と。
本当に、心も頭に静かになるんですよ〜。


ヒーリングクラス開講します!


★ホームページ、こちらです。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

|

« 自分にやさしく | トップページ | 明晰性 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/44677170

この記事へのトラックバック一覧です: 弥勒菩薩を写仏:

« 自分にやさしく | トップページ | 明晰性 »