« ペットロス | トップページ | 不安について »

ポリシー

今、大変な思いをしていらっしゃるクライアントさんが何名かいらっしゃいます。
彼女たちのために私に何ができるか?考えています。

私は皆さんのお気持ちに寄り添っていきたいといつも考えています。
セッションしっぱなし、そこで言いたいことを言いっぱなし、ではなく、その後の皆さんのシフトをずっと見守らせていただきたい、そう思っているのです。

セッションでの反応は皆さんそれぞれです。
私の言葉に傷つく人もいます。
私の言葉で元気になる人もいます。
無反応という反応をされる方もいらっしゃいます。

どんな反応をされようが、その後皆さんがどのような道をたどろうが、私は皆さんとのご縁に感謝しています。
また、皆さんの中には、家族にもお友達にも言うことができないようなご自分の悩みを私を信じて話してくださる方がいらっしゃいます。そのお気持ちを受け止められるよう努めています。私としては、守秘義務は絶対的なものですし、皆さんの悩みが本当に解決されるようできるだけのことをしたいと考えています。

辛い思いをしているのに誰にも話せない、とか、誰を頼ったら良いかわからない、という場合、遠慮なく私に電話なりメールをください。私は皆さんのお話を聞き、皆さんのために、皆さんの大切な人のために祈ります。困難を乗り越えるのは皆さんご自身ですが、私はその脇で精一杯応援させたいただきます。

これまでこういうことを書かなかったのには理由があります。
寄り添うことと、依存のライン引きが難しいかな?と思っていたからです。言うまでもなく依存は避けるべきこと。誰もが依存なしに自分の人生を歩くことができる、その力を持っている、ということを示すことが私の役割のひとつでもあるからなんです。
でもこの線引きは、私自身がしっかりすれば良いだけのこと。皆さんの問題ではない、ということに気づいたので、今日、書かせていただきました。


★ホームページ、こちらです。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング


|

« ペットロス | トップページ | 不安について »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/46333172

この記事へのトラックバック一覧です: ポリシー:

« ペットロス | トップページ | 不安について »