« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

恋すると

恋する乙女に会いました。

ハートが大きく開いて、オーラも大きい。
顔は終止笑みを浮かべています。(というか、ニヤニヤって感じ。)
恋している時、本当にハートが開くんですよね〜。
だからちょっとしたことで大感動もすれば、ちょっとしたことで大きく傷つくのですね。
どんなに傷ついても、人って恋をし続けたがるもので、他人とのつながりは、それだけ特別な感覚をもたらしてくれるものなんだなあ、と、思うわけです。
恋したいけどなかなかチャンスが。。。。という方へ、
素敵なカップルを見かけたらうらやましがるのではなく、彼らのエネルギーを感じながら、’あれは私の一部’と思ってみるといいかもしれないですね。
エネルギーをシェアしてもらうんですね。
自分が彼らを’素敵’と思えるということは、自分の中にその一部が存在することも事実なわけですから、それが自分の一部であると自分に再確認させるんですね。
そうやって自分の出会いを引き寄せてみる!
効果大だと思いますよ。

★ホームページ、こちら            です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

self-pity

self-pity、スピリチュアル界では、’自己憐憫’と訳されることが多いようです。

先日アメリカのTVドラマを観ていたら、この言葉を’被害者意識’と訳していました。なるほど〜。日本人には、こちらの方がピンとくるかもしれないですね〜。
自己憐憫はもちろんちゃんとした日本語だし意味もわかるけど、日常使いすることはそんなにないですもんね。被害者意識だったら、結構使うかも。
’私がこうなったのは社会のせい。’
’もっとまともな親の元に産まれていたら。。。。’
’私は家族の犠牲だ’
なんて思った後に、’かわいそうな私。。。。私は被害者だわ。’となるわけですね。で、自分の人生がうまくいかないことを、自分が加害者と思っている人のせいにする。
同じ意味でも、ピンとくる言葉を使うことが大事。セッションにおいてもセミナーにおいても。言葉には、それぞれ波動があって、できるだけダイレクトに心に届く言葉を使うよう心がけています。

★ホームページ、こちら            です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外から?

質問されましたので、それについて私の意見を書きたいと思います。

質問の内容は、
「あるセラピストさんに、’あなたを変えるチャンスは全ては外からやってくる。友達の何気ない一言にハッとさせられるようなことがあるでしょ?そう、全ては外からやってくるのです。’と言われました。本当ですか?」
と。
その時のお話のテーマも、お話の内容の前後もわかりませんが、単純にこの質問に私が応えるとしたら、’No’です。
私は全ては内側が創っている、と信じています。
友達の何気ない一言に大きな気づきを覚えるような経験、少なからずありますね。でもそれは、自分の内側がその言葉を迎える準備ができていたからのこと。
同じ言葉を言われても、人によっては全く心に響かない、あるいは、同じ自分でもタイミングによっては何とも思わない、ということも多いのです。
外側からやってくると思われるものは、トリガーにはなってくれます。気づきのきっかけですね。でもそのトリガーも、こちらがシッカリ準備していないと、役にたたない場合も多いのです。
また、自分が準備万端になったからこそ、そういった一言を引き出すことができた、という場合もありますね。私たちの意識が、全ての現実を創っているのですから。
気づきのきっかけは至るところにあります。
夢の中、瞑想中、音楽を聴きながら、などなど。
意識的に生きると、意外と簡単に自分の内側に’変化のチャンス’を見いだすことができるようになりますよ。

★ホームページ、こちら            です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡を起こす自分になる

あっついですね〜。

皆さん、熱中症にはご注意くださいませ。

私が毎日心がけていること。

普段とは違うことをしてみる、ということ。

朝のコーヒーをお休みしてノンカフェインのお茶にしたり、

初めてのお店でお買い物してみたり。

私たちは無意識のうちに毎日同じことを繰り返そうとしがちですね。そうすると、独自の思考パターンに更にしばられてしまう。ほんの小さなことを変えてみるだけでも、何らかの気づきはあるもので、自分の行動パターンや思考の癖から解放されるきっかけになるように感じるんです。

自分が長年身につけて来た鎧を外すと、そこにはたくさんの’奇跡’が待っているように感じます。奇跡とは、’想定外のことが起こる’ことですよね。’これが私?’とか、’これが私が創った現実?’とか。私は奇跡とは、決して天から降ってくるものではなく、自分で創るもの、自分が起こすものだと信じているのですね。自分の思考パターンが変わると、そこに待っているものは奇跡の連続を楽しむ自分ではないか、と。

そして、この思考パターンを変える時にネックになるのが、’自分の責任’という部分だと、最近強く思うのです。私たちはついつい様々なことを、他人のせい、親のせい、社会のせいにしがちですが、’いや、全て私が創った現実なんだ。’と心から思えた時、その時には、これまで見えなかったものが見える自分になっているはずなんです。

そんなことを意識しつつ、更に毎日少しづつ違うこと、と、外側からもアプローチしつつ、この夏も元気に過ごそうと思っています。

★ホームページ、こちら            です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッキーの気配

愛猫ラッキーが天国に逝って半年が過ぎました。

しばらくはラッキーのエネルギーが軽くなって、きっと元の飼い主のところに行ったり、天国で多くの仲間と遊んだりしているんだろうなあ〜、よかった〜、と思っていたのですが、最近は彼の気配を感じます。
お気に入りのベッドにちょこんと座っているのをハッキリと感じます。
遊びにきてくれたのかなあ?嬉しいなあ、なんて思いながら過ごしています。
それとも本当はずっとここにいてくれたのに、私が気づかなかったのかな?
肉体がないラッキーとの時間も素敵です。

★ホームページ、こちら           です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »