« 外から? | トップページ | 恋すると »

self-pity

self-pity、スピリチュアル界では、’自己憐憫’と訳されることが多いようです。

先日アメリカのTVドラマを観ていたら、この言葉を’被害者意識’と訳していました。なるほど〜。日本人には、こちらの方がピンとくるかもしれないですね〜。
自己憐憫はもちろんちゃんとした日本語だし意味もわかるけど、日常使いすることはそんなにないですもんね。被害者意識だったら、結構使うかも。
’私がこうなったのは社会のせい。’
’もっとまともな親の元に産まれていたら。。。。’
’私は家族の犠牲だ’
なんて思った後に、’かわいそうな私。。。。私は被害者だわ。’となるわけですね。で、自分の人生がうまくいかないことを、自分が加害者と思っている人のせいにする。
同じ意味でも、ピンとくる言葉を使うことが大事。セッションにおいてもセミナーにおいても。言葉には、それぞれ波動があって、できるだけダイレクトに心に届く言葉を使うよう心がけています。

★ホームページ、こちら            です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

|

« 外から? | トップページ | 恋すると »

「スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/52490344

この記事へのトラックバック一覧です: self-pity:

« 外から? | トップページ | 恋すると »