« ヒーリングクラスの感想 ヒーリングってすごい | トップページ | 気持ちの伝え方 »

ライブのシーズン

秋ですね。

すっかり寒くなりました。
この季節のお楽しみ!音楽鑑賞三昧しております。
12日にはドミンゴのコンサート、19日にキッスのライブに行って来ました。
ドミンゴコンサートはスペインと日本の友好400周年記念で、スペイン色満載の内容。ドミンゴのお声と圧倒的な歌唱力、声量は健在で、70才をこえた方にはとても、とても。。。。外見もお若いし、なんたってかっこいい!
2011年には、福島の放射能の問題を懸念した多くの外国人アーチストが来日をキャンセルしました。ドミンゴも4月にリサイタルを予定していたのですが、日本の主催者側は、最終判断をドミンゴに任せたそうです。「世界中が日本の状態を不安視しています。もし、あなたが来日をキャンセルしても私たちは理解しますよ。」と。
ドミンゴは、「本当に日本が危険な状態なら、僕の日本の友達は’来るな’と言ってくれるだろう。僕は、彼らを信じるよ。」と、予定通りの来日を決意されたそうです。
ドミンゴと共演する予定だったソプラノ歌手は来日を拒否。ドミンゴは自ら、若いソプラノ歌手に電話をかけまくり、一緒の来日を依頼されたそうです。
来日時には、ご自分のお孫さんを同伴。彼女は日本の文化が大好きなんだそうです。
その時のリサイタルのアンコールで、彼はまるで日本人のような発音で「ふるさと」を歌われたそうです。客席は合唱しながら涙を流し、本当に感動的なコンサートだったそうです。その場にいない私も、話を聞いて感動し、ドミンゴに心から感謝したものです。
今回も、最後には「ふるさと」を歌ってくれました。私の周囲のお年寄りたちは、やはり涙を流しながら一緒に口ずさんでいらっしゃいました。
「ふるさと」が私たちにとって特別な歌、というだけでなく、ドミンゴの声には私たちの体の奥をノックするようなパワーがあるんですよね。
キッスのライブもすごかった!
年のことばかりになっちゃいますが(笑)、ジーンシモンズは64才、ポールスタンレーも60才過ぎているのに、最初から最後までステージ上で暴れまくるようなパフォーマンス!火を吹いたり、血糊を吐いたり、ギターから火花散らしたり、ギター壊したり、と、昔からのパフォーマスの数々に、盛り上がりました。
本物のエンターテイナーだわ〜。
中学生時代、ラジオから流れてきた「Calling Dr.Love」が好きで(歌詞の意味もろくにわからず)、何度も何度も聴いていたけど、今この年になって、ジーンシモンズが歌うのを間近で見れて、感無量でした。
彼らも元気だけど、客席もずっと立ちっぱなしで元気!元気!
ライブが終わっても、皆大興奮覚めやらず、という感じでした。
家でCDなどで聞く音楽も良いけど、やはり’生’が好き。
しばらくライブを楽しむ予定です。

★ホームページ、こちら  です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
  クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

|

« ヒーリングクラスの感想 ヒーリングってすごい | トップページ | 気持ちの伝え方 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132325/53684425

この記事へのトラックバック一覧です: ライブのシーズン:

« ヒーリングクラスの感想 ヒーリングってすごい | トップページ | 気持ちの伝え方 »