再びインド旅行記

勉強会を行います。
昨日のブログで内容をご確認くださいませ♪

さて、インドでの話しに戻ります。
インドのアーユルヴェーダセンターでは、毎日のスケジュールが細かく決められている中でも、何もない数時間というのがあって、プールで泳いだり、瞑想したり、読書したりして過ごしていました。周囲が静かだし、家事も何もしなくて良いので、読書がとってもはかどったのですね。その中でも特におもしろかった本のご紹介です。

あるヨギの自叙伝
大きめな本屋さんの精神世界コーナーに行くと、よく見かけるこの本。表紙が強烈なので、おぼえていらっしゃる方も多いのでは?
インドの聖人、パラマハンサ・ヨガナンダの自叙伝です。彼の霊性の目覚めから、修行時代、覚醒後の日常までが記されています。更に、多くの聖人たちのエピソードも紹介されていて、「神秘の国、インド」を実感できます。
とても分厚い本ですし、重いし高いけど、決して読みにくい内容ではありません。スピリチャルな学びをしている人には、興味深い内容も多いと思います。人間の能力ってすごい!と思うだけでも、読む価値のある1冊ではないかと思いました。

転生」篠田節子
いやあ~、おもしろかった!という1冊です。チベットの高僧パンチェンラマ10世が蘇るところから物語が始まります。コメディなタッチもまじえながら、中国とチベットの問題、世界平和までがテーマとなった小説です。タイムリーなトピックでもありますよね。
篠田節子さんの小説は本当におもしろい!
ゴサインタン-神の座」も、かなり読み応えがありましたよ。お薦めです。

他、なんだかんだいって、10冊以上の本を読むことができました。
何冊かは、ホテルの図書館に寄付してきました。日本人客は少なそうですが、それでも誰かが訪れた時に読んでくれるといいなあ、と思い。
ちなみに、その図書館には「ゴルゴ13」が2冊ほど、置いてありました。インドで読むマンガというのも、なかなか乙でした。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  
人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手放すこと

以前より募集しておりました「感情を解放するワーク」のモニターですが、おかげ様で定員一杯となりました。多くの方にお問い合わせとご応募をいただき、大変感謝しております。

今、「ミッチェルメイモデル」という本を読んでいます。
ミッチェルメイさんは、20才の時に自動車事故に遭い、何人もの医師から再起不能の宣告をされたところで1人の偉大なるヒーラーにめぐり会います。そのヒーラーによって彼は奇跡的に回復。その後、そのヒーラーに弟子入りし、現在自身が著名なヒーラーとなっています。
その本の中にこんな一文があります。

彼(ミッチェルの師匠)が厳しかったのは、私がなにかを学ぶことに対してではなく、むしろ、手放すことにおいてでした。今まで学んだこと、経験したことで、かえって本来の自分自身を表現することを邪魔するようなことは、全て手放し、捨てなくてはならいこの点においてはきわめて厳しかった。

そして、同じページに、ある日本人のこんなお話も紹介されています。

ある出来事があって、四国遍路をした。歩くことでなにかが得られると思って出発したが、あの巡礼はなにかを得るためのものではなく、手放すための道行だったと。

解放のワークをしようとしている私にとって、まさにピッタリのページでした。

私の先生、ゲリー・ボーネルさんもおっしゃっています。
「葛藤を今年中に捨てなさい。」

私も、不要なもの、自分を制限しているものをどんどん捨てていきたいと頑張っています。同時に、皆さんのゴミ捨ても、お手伝いしてまいります!

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコネクション

昨日の’リコネクティブヒーリング’続きで、こちらの本を紹介。

11zyba74awl

「リコネクション」です。
リコネクションを始めたエリック・パール氏は、元々はカイロプラクター。患者の治療中に期せずして起こった出来事が、彼をこの新しいエネルギーに目覚めさせたようです。
この1冊の中には、その過程をはじめとした彼の様々な体験が紹介されていて、とっても興味深く読むことができます。

彼の軽快な(ちょっと嫌味っぽい書き方がされているところもある)文面の中に、ヒーラーとしてとっても大切なエッセンスがたくさん含まれています。
私はこれを読み終わった後に「これはヒーラー必読の書だなあ」と思いましたよ。きっと、これからも何度も繰り返し読んでいくと思います。

リコネクション自体に興味がなくても、ヒーリング全般に関心がある方にはおすすできる1冊です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人権問題

グアンタナモ収容所で何が起きているのか―暴かれるアメリカの「反テロ」戦争

を読みました。
人権保護のNPO団体アムネスティインターナショナル編纂です。

アメリカは、自分達の司法を適用する必要がない外国にいくつかの収容所を持ち、そこにテロリストの疑いがある人達、あるいは何かテロに関わる情報を知っている可能性がある人達(多くはアラブの人)を収容し、拷問を繰り返している、という、事実を告発したものです。(実際に収容されている人の中には全くの無関係で、何でそこに連れてこられたのかもわからないような状態の人達もいます。中には15才の少年も含まれます。)
そこには、今も尚多くの人が収容されていて、アメリカの兵士達は上部から配布された拷問マニュアルにそって、収容している人達に非道な扱いを繰り返してます。ここに書くに耐えられないような拷問も含みます。
収容されている人達は、裁判を受けることもできず、弁護士に会うことも許されず、肉体的、精神的苦痛に耐えながら、ひたすら孤独な戦いを強いられています。


憎しみは憎しみをうみます。
こんな非道な扱いを自分や自分の身内が受け続けたら、アラブの人達、イスラム教徒は、更にアメリカ人を憎むことになるでしょう。そして、何か復讐の術を考えて・・・・・と、憎しみの連鎖が繰り返されるだけです。

この収容所の閉鎖を求めて、アメリカ国内の政治家も含め、多くの人が活動しています。
私にも何かできることはないか?と思いましたが、まずは、ブログを通じて、1人でも多くの人に、今現在も行われているであろう一部の人間に対する拷問の事実を知っていただこうと思いました。
人権問題に興味がある方、ぜひこの本を読んでみてください。そして、周囲の人に、この事実を教えていってください。1人1人が「自分に何ができるか?」と考えた時、何かを変えようとするエネルギーが生まれるのです。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神との友情

Photo_4 昨日の続きで、旅行中に読んだ本の紹介。

「神との友情」は、ご存知「神との対話」の続編。

神とは、’天にましますわれらの父’ではなく、’天にまします我らの友’なのだ、というようなフレンドリーさから始まるこの1冊。「神との対話」より、わかりやすい内容になっていて、すぐに引き込まれてしまいました。
神と友情を結ぶにはどうしたらよいか、を紹介しながら、逆に私達が日常的に神をどのように否定しているか、いろんな引用がされていて、とても理解しやすくなっています。

「神との対話」で感動した人、難しくってよくわからなかった人、まだ読んでいない人、などどんな人にもお薦めできます。とてもとっつきやすく、かつ、心が温かくなる1冊です。
ちなみに私は、この本を読んだ後、「神との対話」を再び読み始めました。
以前読んだ時よりも深く理解でき、更に、新たな発見を楽しんでいるところです。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。神と友達になりたいよ~、と思われた方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来からの警告

旅行中におもしろい本を読みました。今日はそのうちの1冊のご紹介。

Mirai ジョセリーノという名前のブラジル人教師の予言が紹介されています。
いやあ~、これがスゴイ!

この人の予言、90%が的中!
彼は自分の予言を当事者に手紙を書いて知らせ、災難を避けるように注意している、という人。
この本には、彼が実際にどんな予言をしていて、誰に、どのような形で警告しているか、その証拠の数々が紹介されています。
その当事者とは、昭和天皇、米国大統領やダイアナ妃にはじまり、隣町のおじさんまで、多岐に渡ります。彼は自分が見た未来でクリティカルなものについては、どんな人にでも、その内容を知らせ、’警告’を試みているのです。しかも、見返りは一切要求しない、という徹底振りです。

この本を半分も読まないうちに、彼の予言の正確さに驚きます。
災難の日付まで予言しているのですから。
9・11に関しては実際に起こる10年も前に、年月日のみならず、WORLD TRADE CENTERの名前まで出しています。ダイアナ妃には、’あなたを交通事故に見せかけて殺そうとしている人達がいます’と、ハッキリ手紙に書いています。

また、この本には、過去のことだけでなく、2007年から地球にどんなことが起こるか、日本がどんな災害に見舞われるか、も、少しですが書かれています。
地球温暖化の危機が科学的に証明された今もなお、その対応を拒否している大国が複数存在している現状から考えると、明るい未来は難しいかなあ?とは思いつつも、「ここまで?」という程、過酷な未来が予言されています。

1人でも多くの人が現状を認識するためにも、予言なんかに興味がない、という人にもぜひ読んで欲しいなあ、と思う1冊です。彼曰く、人間が今年一杯までに認識を改めたら、危機を回避するのに間に合う、というのです。

「ああ、世界にはこんなすごい預言者がいるんだあ。」という思いと同時に、「今の私に何ができる?」と考えさせられる本です。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。ちょっと脅かさないでよ~、と思われた方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アシジの丘

Photo_3アシジの丘」を読みました。

山川紘矢、亜希子ご夫妻がイタリアのアッシジについて、また、聖フランチェスコについて書かれた本です。ご夫妻と一緒にアッシジを旅されたカメラマンの方の写真がたくさん紹介され、アッシジの写真集のようでもあります。

写真を見ているだけでも本当に癒されます。アッシジの古く、美しく、静かな町並みや教会、遺跡など、全てに情緒があり、吸い込まれるような感じがしました。ああ、もう一度訪れたい!
聖フランチェスコの祈りの言葉も紹介されていて、言葉のひとつひとつをゆっくりと読んでいくだけで、もうそれだけで十分、という気持ちになります。有名な言葉のひとつ。

「野の花のように美しく咲きなさい。そして人々に愛を与えなさい。」

胸にズンときませんか?

私にとっては、まさに’癒し’の1冊。ずっと手元に置いておいて、落ち込んだりした時に手にしたいと思いました。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。この本にちょっと興味持っちゃった、という方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓

  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリームヒーラー

ドリームヒーラー」を読みました。表紙は、16才で最高レベルのヒーラーと呼ばれるようになったカナダの少年、アダムの写真。北米に行ったらその辺りでコーラでも飲みながらGFと腕でも組んで歩いていそうな、普通の男の子。

でも、人は見かけによらない!
彼には小さい頃からオーラが見え、強すぎるエネルギーを持つために彼の周囲では物が飛び交っていたそうです。
そんな彼が、病気に苦しむお母さんをどうにか助けたいと思ったところから、自分の力をヒーリングに使い始め、良い先生に出会うことでエネルギーをコントロールしていく方法を学び、その力を多くの人のために生かしていくことになった過程が紹介されています。また、ヒーリング中に彼がどのように人の体の中を見て、どのように変化を起こしていくか、とても興味深く描写されています。

彼は遠隔ヒーリングをメインに行っていたのですが、遠隔ヒーリングがなぜ可能であるかを量子力学の点から解説しています。

地球上であろうと宇宙の星であろうと場所に関係なく、どんな物体も自身の量子ホログラム、あるいはイメージを放っている。すべての粒子は基本的に他のすべての粒子とつながっていて、量子情報の場では、すべての情報と知識にアクセスすることが可能である。
量子レベルでは、1つの同じシステムを形成する2つの粒子の行動は、距離が離れていても同時に起こる。2つがどんなに離れて見えようが関係はない。これを「非局所性」と呼ぶ。僕はヒーリングの時、非局所性の情報メカニズムであるその人の量子ホログラムとつながり、意図的にその人の体に情報を送り、体に変化を起こさせる。健康状態がよくなると、それが量子ホログラムにも表れる。癒そうという僕の意思と健康になるたいという相手の願いがあれば、実際にこれでよい結果が得られるのだ。

アダムは今20才。博士号を取るべく大学で勉強しているそうです。
「将来、自然療法医となり、代替療法と従来の医療を統合させたい。僕のやっていることはいずれ科学で証明されるようになると思う。」

何とも頼もしい若者!
ヒーラーさん、あるいはヒーリングに興味がある方におすすめの1冊です。


追記:この本の中に、アダムが癒したロックスターのお話が紹介されています。そのページを読んでいた時、隣でDVD鑑賞をしていた夫に「ねえ、○○ってロックスター知ってる?」と聞いてみました。すると夫は「知ってるよ。この人だよ。」とTV画面を指差しました。
ちょうど夫が観ていたDVDの中でプレイしていた人が、まさにアダムが癒したロックスターだったのです。アダムの本は、こんなシンクロニシティをも私にプレゼントしてくれました。

★今日も最後までお読みくださりありがとうございました。アダムすごいなあ、と思われた方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザー・テレサ 愛の奇跡

世の中には、自分がいらなくなった洋服などを私達に送ってくる人がいるけど、そんなものは要りません。私達が欲しいのは愛なのです。

これは、マザー・テレサの言葉。
なかなか言えないですよね~。

Mother_1マザー・テレサの本はすでに何冊か読んでいるし、映画も観ました。その度に感動しています。
今回読んだ本は、こちら「マザー・テレサ 愛の軌跡」
この本は、実際にインドでマザーのお仕事を手伝ったことがある人がマザーから許可を得て書いている本です。


湾岸戦争時にマザーがブッシュ元大統領とフセイン元大統領に送った手紙なども紹介されていて、彼女がいかに大きく世界平和を願っていたのかがよくわかります。
貧しい人、病人を助けるために、知事や大司教、時には他国の首相からまで協力を取り付けるそのパワーに圧倒されます。また、1人の命を助けるために、時に大病院を、時に空港全体を動かす信念の強さには感動をおぼえます。
’マザー・テレサには葛藤がなかった。だから彼女は自分のイメージを次々に現実化していったんだ。’と、ゲリー氏もおっしゃっていましたが、この本には、そんな場面がいくつも紹介されています。

私はこれからどうしたらいいの?
この世に神はいるの?
この世で大切なものは何?

なあんて思ってしまった時に読まれることをおすすめします。

★私もマザー・テレサ好きですよ~、という方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

裸のサイババ

パンタ笛吹氏の「裸のサイババ」を読んだ。

サイババは’神’として崇められているインドの聖人。世界中に数多くの信者を持つ。
サイババに関する本はたくさん出されているが、そのほとんどがサイババを崇拝し賞賛するもの。でもこの本は違う。真のサイババの姿を紹介する、という名目で書かれている、いわば暴露本だ。

本来、こういった暴露本の類は好きではない私だが、パンタ氏の本は以前から好きで彼の誠実さを感じていたことと、何よりも‘一時はサイババに心酔していた自分が、サイババ礼賛を本に書き、その影響でサイババを妄信している人達が少なからず存在しているかもしれない。その自分の責任はどうなる・・・?彼らに真実を伝えるべきでは?’という彼の動機から、これは他の軽いノリの暴露本とは違うかも、と思い読み始めた。

この本に書かれている真のサイババの姿とは、おぞましいものである。
日々繰り返される青少年達への性的虐待の様子、
お金持ち、セレブな信者ばかりを優遇して、病人や貧乏人には見向きもしない姿、
サイババ病院での腎臓売買疑惑、

この本では、性的虐待を受けた少年や男性本人、その家族達、サイババ学校の元校長や教師達の生々しいインタビューが紹介されている。
特に性的虐待を受けた少年達が受けた恐怖、また、自分がされたことを親にも誰にも言えずに苦しんでいた様子を読むと心が痛くなる。

また、サイババといえば、空中で手をクルクルっとまわして、何もないところから聖なる灰(ビブーティ)を出したり、貴金属を物質化する奇跡をやってのける人として有名だが、このトリックも写真付きで載せられている。これも、サイババの側近だったカメラマンが立ち上がったことで、世の中に出ることになったようだ。

これらの内容を信じるか信じないかは、その人次第。
この本が出版されてからもう6年以上が経過していて、一時は話題にもなったが、それでも今もサイババを信仰している人達は、世界中に何千万と存在している。

この本の筆者と、それから被害に遭われた人達はこう語っている。

この一見ネガティブに見える事実は、実は新しいスピリチャリティの夜明けを告げるポジティブなメッセージなのである。グルの時代は終わり、私達1人ひとりが自分の中の神聖を発見し、愛し、味わい、慈しむ時代なのである。

とっても良い言葉だと思う。
そもそも’グル’という存在は、単なる雲の上の存在ではなく、’私達もああなれるんだよ’と、一般の人に教えるために存在していると言う。
素晴らしい、と思う人を発見したら、同時に自分の中の素晴らしさを見ようとしてみると良いかもしれない。

★今日も最後まで読んであげたよ、という方、クリックよろしくお願いします★
   ↓      ↓
  人気blogランキング

★HPもよろしくお願いします★
   ↓      ↓
HealingRoomAZURE

http://homepage3.nifty.com/healingazure/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧